[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

改めてCD‐34を見直した

暫く同じマランツのSA7003を聞いてきた、少しの間聞いてしっかり判断したかったからである。

少し前に何度も半田をあげて修理したお客様のCDプレーヤーである。暫く聞いてきたが、ちゃんと安定した動作をしてくれた。

ハイのレンジがほんの少し気にならない程度に狭く感じるが、こちらの錯覚かも知れない。

やはり感想は変わらない、アナログ的なしっかりした優しく太い音が出る。

最近のCDは、音は綺麗なのだが、音に元気がなく薄いのである。CD‐34は、音像の現れ方が濃いので、個人的にはやはりCD‐34が圧倒的に好みである。

ある意味情報量がすくないとも言えるのかも知れないが、落ち着いていて聞きやすいのである、柔らかいがこもっている訳ではない。

スピーカーから音がパラリと剥がれる様な雰囲気は、現代のCDにはどうしても個人的に感じないのである。

CD‐34には気品さえ感じるのである、高音がどうの低音がどうののレベルではなく、所謂楽器本来の音がするのである。

これだけテクノロジーが進んだ筈の現代のCDプレーヤーは、なぜ今の様なつまらない音になってしまったのだろうか?

マランツやフィリップスが良かったのは、かなり昔の話になってしまったのだろうか。

今はエソテリックに負けてる気がする。

今となっては、マランツのCD‐15、フィリップスのLHH‐800R、LHH‐500Rがとても懐かしい。何を聞いても音が良かった。CD‐34も似た様な雰囲気を聞ける。

やはり素晴らしい。お客様へ修理完了の連絡をした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA