[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

船橋のIさん






写真の一枚目と二枚目は前回の映像で、後の三枚は今回の写真である。写真では迫力はあまり感じないが、スピーカーの下が格段に改善され、ノイズカットトランスの下と、パワーアンプの下は、板を木工ボンドで張り合わせた。

今回はIさんのご都合で、前回から少し時間が空いた。前回は思ったよりラックやネットワークの製作や板を張り合わせる作業に時間がかかり、音も中途半端に終わっていた。

前回は、JBL4560BKAの裏ぶたを外したままになっていたので、元に戻さなければならない。

そしてスピーカーの下に振動対策として敷いた板を更にもう一枚張り合わせ、しっかりさせる。

もう一つ、前回はラックの下が設置の時にずれていた、Iさんはそのままで構わないと仰っていただいたのだが、私はどうにも嫌なのであるが、総重量が250㎏を超えた為、残念だが断念した。

本来は見た目もキッチリなっていないと、とても気になる性格なのでそこもしっかりさせたかった。

スピーカーの下にもう一枚赤タモの3㎝が追加される事になり、板の厚さは合計9㎝になる。そして、スピーカーボックスの裏ぶたが元に戻る事で、音は強く前にでて柔らかく引き締まり、格段にまともで聞きやすくなる筈である。

しかし今日も暑い、大変な事になるのは間違いない。

作業は五時間位かかり、体力的にガタガタになったが何とか完成した。

Iさん邸で二時間位聞いて我が家に帰り聞いてみた、やはり我が家の音は数倍クリアーである。我が家が100とするとIさんのレベルは50位である。それでももう標準のレベルは遥かに超えた。

やはり我が家は徹底的にやったので、細かな所が改善されそれが積み重なって今の鳴り方を構築したのがこれでハッキリした。

我が家で聞いていて初めてプロとして苦痛を感じた、ついてきて頂いてるIさんに申し訳ないと思った。しかし、我が家と同じに一つ一つ改善して行く他はない。

オーディオはいつもお話ししているとおり、地道な積み重ねでしかない。なのでこのブログをお読みになり、何にもしていない方のオーディオは本当に笑えるレベルでしかない事が分かるだろう。

そして、お客様のシステムをクリニックする為に、構築したウエスタンスピリッツのシステムのレベルがどれ程のレベルなのかを知って欲しい。

Iさんのシステムのレベルはかなりのものになった、普通の方が聞いたら腰を抜かすレベルなのである。しかし、私が必死に色んな対策をうったウエスタンスピリッツの音は、やはりしっかりしている。

昨日Iさんからお礼に頂いたレコードが素晴らしい音で鳴り、ウエスタンスピリッツがこの一年、どれ程の実験の結果を積み重ねたのか、考えただけで気が遠くなった。

総ては正しかった事になる。

Iさんには、ウエスタンスピリッツの音を超えて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA