[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ホーンの下にチーク材

このお話は少し前の内容である。

今までは、青黒檀を小さく加工して、ホーンの前面下に敷いていた。しかし、青黒檀は解像度は高いが音も芯を伴い強くなる傾向がある。

なので、適度に解像度もあり柔らかな響きのあるチーク材を敷いてみたのである。もう以前のレベルとは違うので、少し響きの調整をしてみた。

敷いたばかりのチークは、まだ音は強く感じたが、四時間経って聞いてみたチーク材の音は、なかなか柔らかく馴染んできていた。

これから数日で更に馴染んで来るだろう。

三日経ち、更に一週間経ったチーク材は、ホーンの響きを穏やかでクリアーにしていた。

また後に変化するかも知れないが、今はこれが良い。

低音も高音も奥行きがあり聞きやすい。

しかし、また次の粗が出てくる気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA