[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

JBL 130A

最近中古市場からなくなりつつある。以前ならばヴィンテージショップへ足を運べば必ず、少なくとも二~三セットは在庫があった。

お茶の水のオーディオユニオン等を検索すると必ず存在したのに、実際お店に行っても今はないのである。今入荷するとラッキーで、とても安価で手に入るかも知れないとの事だった。

最近、船橋のIさんからウェスタンスピリッツと同じ130Aにしたいとご注文が入っていた。探してみたが布エッヂのものは少ないが存在する。

やはりプロとしては、自分が使ってるものよりはお客様には、優れた極上のフィックスドエッヂのタイプを納めたい、これは当然だと思う。

散々探した挙げ句、千葉県に一本だけフィクスドは存在した。胸が踊った、実際に聞かせていただくと、見た目は少しいたんでいたが、その音に耳が釘付けになった。

エッヂもしっかりしており中域がパンっとはった感じで中々の音だった。値段が少し高いので、先方はかなり渋ったが、四万円の値引きと、しっかり保険をかけた送料込みで納得した。

電車で伺ったが、かなり遠かった。しかしプロとして良いものが仕入れる事が出来て良かったと思う。

某オーディオショップで聞いたお話だが、最近はユニットを探しスピーカーを組まれる方が激減したとの事だった。

それとみなさん知識が乏しく、ユニット構成を何処で聞きかじったのか、訳の分からない組み方をされる為、トラブルが絶えないとこぼされていたのが印象的だった。

だから現時点では、あまり面倒なスピーカーユニットを下取りしなくなったのだとお話になった。

成る程、深く納得である。ユニット選びは正直プロでも難しい。それが証拠に、あまり良い音を鳴らされているヴィンテージオーディオショップが少ないのも事実である。いや少ないのではない、壊滅的である。

JBL 130AにLE85に4560BKこのユニットを軸とした構成こそがJBLを鳴らす登竜門であり、他にはない。

ホーンやツィーターはJBLに名機がない、この二つだけは個人のセンスをもって探すしかないが、フィクスドエッヂのしっかりしたJBL 130Aを探し、見つける事が先決である。

本当にJBLが好きならば、馬鹿の一つ覚えの様に、決してD‐130+075ではないのである。

私は実際、何台も使って来たが、130Aはクリアーに鳴らすのがとても難しい。しかし、上手く飼い慣らす事が出来たらば、真に優れたスピーカーユニットである。

船橋のIさんのJBLは激変する筈である。JBL 130Aが再び中古市場に増える事を強く願う。

そして、例の如くネットワークを通さず鳴らしっぱなしにしてある。やはり72時間、つまり丸三日で音がこなれて来た。それから先は、どんどん情報量が増えて来て、二本のユニットの音が揃って来る。

この慣らしをせずにお客様に納めても、そこからまた慣らしに膨大な時間がかかり、結局お客様にご迷惑をおかけする事になるのである。でも実際は最低でも半年はかかる。

JBL 2220Aも良いが、やはり鳴らし易いのは130Aフィクスドである。ボックスの名機JBL4560BKAと合わさると、素晴らしい低音を再生出来る。

私があまりブログに書くから、JBL 130Aが減ったのかな?(笑)少しはあると思います。しかし、ウーハーを取り替えた位で、貴方のオーディオは解決しないことをお断りしておきます。

オーディオはトータルで鳴ります。使っている物の素質だけではありません。

そして昨日、船橋のIさん邸に運び、繋いできた。当たり前だが我が家と音が酷似していた。

Iさんのオーディオに再度関わってだいたい一年、やっとJBL4560BKAの音になった、そんな感じである。

しかし、まだ違和感を感じた。そしてトーンアームのオーバーハングを再度調整した、鳴らしてみると片方の音が鳴らなくなった。

トーンアームを僅かに3㎜程動かしただけである。因みにトーンアームはオルトフォンRMG‐309リミテッドである。アームの取り付けベースはSMEなのでスライド可能である、今回そこを動かし合わせただけで多分PUケーブルの接触が上手くいかない様子だった。

私はこれが度重なり嫌になり、トーンアームのエンドの出力端子を外し、内部配線を引き出し、PUケーブルを内部配線と直に半田で留めたのである。

Iさんには以前からその方法をおすすめしてきた。そして、やっとその時が来たのである。

トーンアームのエンド端子は経年変化で接触不良を起こしやすい。今回私の感じた違和感はここだったのだろうと確信し、Iさんには悪いが、トーンアームを外し預からせていただいた。

接点の減ったアナログの音はいつも快適で、素晴らしく、音質的にもかなりのレベルアップになる筈である。

そして、昨日聞いたIさんのJBL4560BKAは、ウーハーが130Aになった事で、やっと整った音になった。

それにしても不思議である、私が伺うと必ずどこか不備が見つかる。私が帰った後におかしくなったら困るので、その時に症状が出て良かったと解釈するしかない。

しかし、Iさん、申し訳ない。でもやっと130Aになったので、しばし、CDを聞いていて下さい。しかし敗者復活戦、不備が見つかったところは元通りにただ直すのでなく、更に音質を上げる。これがウェスタンスピリッツです。申し訳ありません。

今後とも末長く、宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA