[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ウェスタンスピリッツの音質の特長

「色々話してるけど、ウェスタンスピリッツの音ってどんな音なの?」

みなさんこう思われていて、世間一般的な事だろうと思います。

私も客観的に自分のblogを読んでみて、そう思います。一言で話せば、癖のないJBL 4560BKです。同じボックスをたくさん聞いて来ましたが、この様に鳴った4560BKは何処にもありませんでした。

私は行動派です、やるかやらないかそれだけです。ごちゃごちゃ言いません。

「ケーブルで音は変わらない」こう言われている方もいらっしゃいます。そう思うならば私は否定はしません。その人の考え方だからです。でも哀れです、こんなに違うのに。

私はこう思います。市販品の何十年も変化のないケーブルと比較してほしくはないのです。

特にウェスタンスピリッツが、オーディオケーブルを根本から研究して出来上がったリッツ線絹巻きと、リネン巻き平行シールドケーブルは。市販品とは比べものになりません。もう、少ししたらある程度数もまとまるので、一ヶ月無料でモニター応募を募ります。

ただ、blogを読んで考えていないで、モニター応募をされてはいかがですか。音を良くするには、やはり行動力です。

使ってみてから答えを出せば良いのです。ウェスタンスピリッツのケーブルはたくさんの方に聞いていただき完成しました。

そして、シビアに計算して、ホットとグランドの太さと合わせ方を決めました。

多分、今までどこのメーカーもここまでは計算していないでしょう。私は作ったリッツ線を大手メーカーに持ち込み、しっかりしたLCRメーターで測っていただきました。

その数値は驚異的なものでした、ちゃんと作ればハッキリとシビアな測定結果に出ているのです。なのでもう答えは出ているのです。

ケーブルは使う素線の質や太さもありますが、やはり作り方です。どんなに優れていると言われる素線を使っても、作りが駄目ならば良い音にはならないのです。

しかし、リッツ線を完成させた私自身も、ここまでの音質になるとは思ってもみませんでした。

唖然としました。

しかし、大切な親指の腹を怪我してしまいました、七月中に完成予定だった、リッツ線の完成は八月になりそうです。

誠に申し訳ありません。

ウェスタンスピリッツの音とは、普通のJBLと違い癖のない太い鳴り方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA