[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

システムが極限迄来ると


今まで分からなかった粗が顔を出して来ました。

床や機材の下(音質改善)やケーブルが極限迄来たため、そしてハイエンドのCDプレーヤーやマスタークロックジェネレーターが入ったため、ヴィンテージのアンプやチャンネルデバイダーの音がボケているのがハッキリ分かります、つまり真実があぶり出されて来たのです。

そして、ウエスタンスピリッツは電源を単独化して、低磁束ノイズカットトランスを総て一台ずつ繋いだので尚更だと思います。

もうJBLのうるさい音はどこにもありません、鳴っているのは端正な音なのです、なので機材の粗は直ぐに分かってしまうのです。

力で押しまくる様な鳴り方ではなく、フワッとさりげなくウーハーが鳴ってるとは思えない低い音階が、軽々と重量感を伴い奏者が見えるかの様に鳴るのです。

そして更に千葉のIさんからありがたい情報がたくさん来ました、ウエスタンスピリッツの音もまだまだです、今年もやる事が山積です。

かなり飛躍出来る年になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA