[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオ考




出来る限り質の良い機材を使う事が条件です、しかしそこには色々な商品の中から選ぶコンセプトや、経験から来るセンスが必要になります。

当たり前ですが、ただ無闇に高いものを使えば良い音になる訳ではありません、大切なのは何故その商品を選んだのか?です、そしてその商品をどの様に使うのかです。

私はこう思います、オーディオである以上やはりスピーカーは38㎝ウーハーを軸としたスピーカーシステムを個人の努力で端正に鳴らそうとする事です。

小さなスピーカーでは、やはりお腹いっぱいにならないと個人的に思うからです、個人的に小型スピーカーでは低域を感じません、鳴っているとは言っても体で感じる事も大切と感じます。

小さなスピーカーはレスポンスは長けていますが、低音が少ないと思うのです、クラシックコンサートを聞いた後では特にそう思います。

そして昨今のハイエンドオーディオの値段です、私もCDプレーヤーとマスタークロックジェネレーターを購入しましたが、更に上があり、溜め息が出ます。

しかし、歴然とした差があるのです、大した差がないと話すのは勝手ですが、それは使いきれていないからではないでしょうか、全く違うから高いのです。

私にはその差をハッキリと聞き分ける事が出来ました、ウエスタンスピリッツは極限を鳴らしてみたいのです。

今はかなりのレベル迄来ました、後はしっかりしたプリやパワーアンプ、そしてチャンネルデバイダーです、チャンネルデバイダーに至ってはモノラルタイプで注文致しました、レベルはスイッチ式で1dBステップです。

かなり性能に優れたスイッチを導入していただきました、レベルは細かく調整したいものですね。

モノラルタイプになりスイッチも優れたもので作られたチャンネルデバイダーの性能は最高の商品になると思います、今使っております中古のチャンネルデバイダーの音はボケております、当然パワーアンプもプリもです。

これらがしっかりした今年完成予定のウエスタンスピリッツサウンドは、かなりのレベルになると思います。

ここまで鳴らすのには正直血のにじむような努力が過去にあったのです、何度もミスを繰り返し成功に導きました、今は音を聞かずとも見ただけでどなたにでも分かると思います。

いかなる優れた機材で固めても駄目、お部屋がどんなにご立派でも駄目、肝心なのは電源がしっかりしており、総ての接点が綺麗に磨かれて、接点不良やエネルギーロスがないこと。

スピーカーからの低音振動がラックや機材に伝わっていない事、貴方の機材はそうなっていますか、ウエスタンスピリッツでさえ完璧とは言えないのですが、やらないよりはましです。

そして、機材やスピーカーの下に各自で選んだ木材を形や質量も吟味して敷いて響きを作るのです、ヒントは楽器に使われてる木材が良いです。

これ、正に至難の業です。そして、ひたすら貪欲な性格と、努力と経験から来るセンスが必要になるのです、大いに失敗して欲しいと思います、最後に笑うのは貴方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA