[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ウエスタンスピリッツケーブルの音質

よくみなさんに質問されます。

呟きで貴方のコンセプトは何となく分かったけど、実際ウエスタンスピリッツケーブルってどんな音なの?と。

一度借りても構わないが、良くなければ意味がないよ。

うーん、難しい質問です。
私は作っている本人だから、貴方が勝手にそう思ってるだけ、と、言われそうなので、あえて呟かなかったけれど、この際です、うそ偽りなくお話し致します。

先ず、聞いて直ぐに分かると思うのは。

これは、総ての市販ケーブルとの比較であり、沢山の第三者の試聴結果を私なりにまとめたものです。

1)低域の量感が多く引き締まっている。

2)音が大きい。

3)滑らか。

4)うるさくない。

5)スッキリしていて、各楽器の分離に優れている。

6)音像が小さい。

7)奥行きがある。

8)中身が詰まっていて芯がある

ウエスタンスピリッツケーブルとは、こんな感じの試聴結果になります。

その中で私が強く感じるのは、1)と3)と8)です。

一ヶ月モニターしたら外せなくなったと話す方が多いです。

その反面、ハイエンドを使っている方に多いですが、音が細く、うるさくて合わないと話す方も一部いました。

ケーブルは、オーディオの中で、その音の変化の割合が少ないと勝手に思われているからだと私は理解しています。

ケーブルの音質の変化の仕方は確かに機材を変えた時の変化とは違います。

しかし、ケーブルは総てを繋げています、定数を変えられないフィルターとご理解いただきたいのです。

線自体のキャラクターや、その太さの容量も確かにあるのですが、決定的に音質を決めるのは、やはりその作り方にあるのです。

オーディオに答えはありませんが、ケーブルに限っては、作り方と被覆の質にあるのは確かな様です。

人によって音はかくあるべきはたくさんあるでしょう、しかし標準と言うのも確かにあります。

私は自分が自信をもって製作したオーディオケーブルが、その人の一生物になると思って真剣に作っております。

私は市販品とたいして変わらないのであれば、モニターを募ったり、ましてや販売などしません、絹巻ケーブルを作るのは、実に大変な作業なのです。

なので、私のケーブルはそのスタート時点からかなり違うとご理解下さい。

私がいつも観ているテレビの番組に和風総本家があります、それに出てくる様々な達人達の匠な業、自画自賛ではありますが、正にあれに近いものを私は自分の作品に感じます。

大変ですが、必死に作っています。

長さ制限はこざいますが、一ヶ月無料貸し出し致します。

自分のシステムにかなりの自信をお持ちの方、でも最後の所で今一つ鳴らないとお感じの方、ウエスタンスピリッツケーブルは違いますよ、抽選ではありますが、ぜひ一度、モニター応募宜しくお願いいたします。
一度、聞いてみて下さい。
貴方のシステムは他がちゃんと完成しているならば、このケーブルでしっかり鳴ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA