時には大切なものを失ってでも

[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

人生でも仕事でも、そしてオーディオでも良いとこどりだけは出来ません、時に大切な何かを捨てなければならない時があります。

私の場合それは、ノイズカットトランスです、ノイズカットトランスを繋がない音は確かにクリアーです、しかし薄く、心にグッと来るような芸術的な音には感じない、これでは納得いきません。

鮮度をとるか、芸術をとるか悩みましたが、長く聞いていられるのは芸術的な鳴り方の方だったので、鮮度を落としてでもノイズカットトランスが必要と思いました。

違和感があるとつまらないので長く聞いてることが苦痛になります、これではいくら鮮度があっても明るすぎてうるさいのです。

ウエスタンスピリッツの音はトランスを繋ぎ成功しました。

何度繋げたり外したりしてみても長く音楽再生を楽しむ事が出来るのは、ノイズカットトランスを繋いだ方です。

私の場合ノイズカットトランスは、ノイズを減らしたいのもありますがそうではなく、ノイズカットトランスを繋いだ音が好きだからです。

LCネットワークもそうだと思います、JBLなど特殊なユニット構成ならば、マルチシステムより音がいい場合があります。

しかし、そこに至るまで鳴らすために何をしたのかが問題です。

何事も下地がしっかりしてなくてはいけません。

私はノイズを減らす為だけでなく、時に鮮度を多少失ってでもノイズカットトランスを繋いだ音が必要なのです。

しかし、総てのシステムにノイズカットトランスを繋いでも、ウエスタンスピリッツのような芸術的な鳴り方になるとは限りません。

オーディオとは答えがなく、難しいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA