[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

エール音響 1710Be

やはり素晴らしいと思う(ちなみに私のは振動板がベリリウムである)、他のツィーターを繋ぎ、どんなに理屈をこねてみても始まらない。

このツィーターと出会える運命と、出会えて購入出来た時と、購入させてくれた家内に感謝する。

しっかりしたシステムに、これを繋いだら最後、虜になるだろう、日本のツィーターの名機は、カンノ、ゴトー、オンケン、エールである。

シンッ!!とは確かに鳴るのだが、単純な音ではなくエアー感があり、多彩で色気があるのである、確かにTAD(ET‐703)のように優れたものも中にはあるが、これを聞いた後では、少し違うのである。

私はエール音響のツィーターを使ってこなかった訳ではない、しかしシステムがしっかりした今でないと、分からなかった、と言ったほうが良いのではと思う。

とにかくJBL 075のように、最後の最後の所でグシャッっと潰れるような、腰砕けのような柔な音ではないのである。

「色付けなく、強く芯のある音だと思う」予算が合えば使ってみる必要あり。

但し薄っぺらな、あからさまな高域は全く鳴らない、指向性が強く、磁束密度が高く、付帯音がないからだと思う。

一度聞いてみたら誰にでもご理解いただけると思う 。

但しかなり高額である、並のハイエンドスピーカーシステムをセットで購入出来る金額である、今のところこのツィーターを超えるものは多分ないと私は思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA