[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

とある方へ

何時も助言(コメント)をありがとうございます、私の書き方とあまりに違うので、てっきり勘違いされたマニアさんが、苦情か難癖をつけてきているものと勘違いしていました。

しかし少し前に何となく気がついてました「この方はオーディオは熟知してるけど、伝え方が下手なんだな」と。

それにしてもDAコンバーターの自作や、音質チューニングは凄いと思います、お話のとおりメーカーはやっていませんし、私には作れません、ある意味羨ましい限り、しかし私はこの様な方のシステムを実に沢山聞かせていただきました、しかし自宅へ帰り聞いてみると、落ち着くのです。

そしてありのままをお伝えすると「貴方は分かっていない」と言われます、私は「お伝えしたいのはこれだけです」これで終わってしまう、今まではこの連続でした。

私などハイエンド機材のシャーシを開けてみただけで、改造が失敗した時の事を考えるとビビってしまいます。

私はDAコンバーターは使っていません、マスタークロックジェネレーターのみです。

確かにメーカーは設計段階で、部品一つ使うにも部品単価の上限が細かく決めれていて、あまり優れた部品は使えないと聞きます。

内部を見てみても確かに仰るとおりです。

市販品のどんなに高価な機材の中を見ても、大した部品は使っていません。

しかし、知識のない方が改造すると間違いなく壊してしまう。

貴方のように総てを熟知された方が改造するから、ある程度しっかりした答えが出ると思うのです。

私は市販品をオリジナルのまま使う事を常としております、何故かと申しますと、生業の人間が特殊なものを使ってはいけないと考えるからです、その中での検証になります。

貴方がどの程度まで改造されてるのか分かりませんが、素人が真似をすると確実にクラッシュします。

そう言ったものを公のブログで公開も出来ません、こちらが依頼して作っていただいた作者にも申し訳ないと私は思います。

私のお客様が以前、使っていた真空管アンプの部品を取り替えて(改造)使っていたところ、調子が悪くなり、手に負えなくなったので、連絡してからメーカーに送り修理に出したところ「このアンプは最早私が作ったものではありません、後はご自分でお好きなようにどうぞ」と送り返されたそうです。

ただあなたのようにご自分で直す事が出来れば良かったのですが、素人(マニア)とはそんなレベルなのです。

当たり前だと思います、自分が精魂込めて作ったものを勝手に改造され、挙げ句の果てに修理依頼されても、そんなもの誰も修理したくはありません。

殆どの部品を取り替えられては、素性が分からないので保証も出来ません。

改造とは総て熟知された貴方のような方が行うもの、しかしそれは最早、検証とは言えません、立派な改造(自己満足)です。

音が良くなればそれでいい、そんなものではないと思います。

真実だけが総てではないのです、言葉を選ばず真実だけを吐き続けていると、自分で自分を追い詰める事になりかねません。

貴方には貴方のやり方があり、私は否定はしません、また肯定もしません、人には色々なやり方や生き方があるのです。

そしてどんなにやっても答えは何処にもないのです、そしてこの世は総て幻なのです、人の作ったもの(貴方が作ったDAコンバーターも)は、総て半田やネジで継ぎ接ぎだらけ、どんなにその隙間を埋めようと努力しても、永遠など結局どこにもないのです。

オーディオ以前にここを理解出来ないと、人間的な進歩はないと思います。

ただ貴方のやる気には脱帽致します、貴方から見たら誰も分かっていないとお思いでしょうが、そんなものではないと思います。

人間一生勉強です、分からない事があって当然です、それなりに努力してる人を馬鹿にしてはいけません、言葉を選ぶべきです。

ブログに気に入らない事が書いてあっても、それを感情のまま伝えてはいけません、誰もが納得する音などどこにもないからです。

貴方から見たら私のケーブルもそうかも知れませんが、貴方が作ったDAコンバーターも貴方の自己満足なのかも知れません。

オーディオは所詮人が作ったもので、殆ど答えは出ているのです。

またアナログは調整の巧みで上手く鳴らす事が出来ます、しかし殆どのオーディオマニアはその入り口にすら立っていないのです。

私には貴方の仰りたいことは良く分かりますが、それが総てではありません。

これからも音を追求し、更に頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA