[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオを突き詰めていくと

勝手に主観で呟きます、少しお付き合い下さい。

考えれば考える程、突き詰めれば突き詰める程、オーディオも含め、総てのものは未完成なのです。

総てはあちこち(下請け)で作られたパーツ、その寄せ集めで一つになり完成されている。

しかもその総ての固定は、ネジ止めや溶接、オーディオの回路などほぼ安易な半田付け、何一つ無垢なものはないのです。

考えれば考える程、究極など何処にもない、他にも色々な理由があり、溶接や半田付けになるのです。

オーディオメーカーのメンテナンスなど色々な理由があります、故障するからです、その時、部品やパーツなどを交換出来なければなりません。

様々な理由から個人では作れなくなっているわけです。

でも極稀に作れる方もいらっしゃるのです、しかし、やはりトータルでオーディオ的なセンスがないのです。

私は作れないから想像出来るのだと思います、作れる方はその大変さを理解しています、いくらコストがかかるかも。

だからあい交える事がないのだと思います、科学者、物理、機械屋、回路屋、理数系、デザイナー、この様な人達が集まって出来るのがオーディオ機材なのです。

お互い譲り合うところが多く、妥協の産物がオーディオ商品なのです。

本当はどうすれば究極の機材を作れるか、彼らは分かっている筈です、予算や会社の利益や色々な問題があり作れないのです。

もし作ったとしても浮き世ばなれした値段の為、誰も購入出来ないと思います。

そんな訳で、究極の物を作る人はメーカーに必要ないのです、メーカーが目指すものを作る人材を、メーカーは信頼し大切にするのです。

本当に究極のCDPやアンプを作れたとして、果たしてその信号を正確に再生出来るスピーカーはあるのでしょうか?ないですよね。

絶対に壊れない機材、そんなものは何処にもないのです、けれどそれを愛でて大切に鳴らす努力をする、これがオーディオの楽しみであり、大切な事なのだと私は思いました。

オーディオにそこそこの答えは確かに存在する、しかし究極がない以上始まりも終わりもない、オーディオとはこのような趣味だと思うのです。

究極の機材の一つに、私が今回購入したtechnicsのSP‐10Rがあります。

しかし本体はキャビネットとネジ止め、トーンアームはチョイスしなければならない、ピックアップケーブルの接続はやはり不完全。

ただターンテーブルだけは確かに究極だと思うのです、まだ手元にないので何とも言えないですが、今までの経験から間違いなく究極のターンテーブルだと思うのです。

結局オーディオ機材は総て幻であり、総て人が作ったものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA