[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

役者は揃った

ウエスタンスピリッツのオーディオ機器は総て揃った。

後はケーブル作りに必要な手にあった工具や、シールドや1.6ミリPEW単線、そしてスミチューブである。

家内と秋葉原へいき総て妥協なく揃えてきた。

今まではスミチューブをライターで焦げないようにあぶって来た、しかし気をつけていてもたまに少し焦げる事があった。

「これではちょっとお粗末だな」そう思っていた。

スミチューブを炙るヒートガンを探していた、以前はあちこちで売っていた、しかし店がどんどん閉店し、見つける事が出来なかった。

以前お世話になったマイクロパワー研究所の方へ、お礼かたがた扱ってる店舗を伺ってみた「西川電子で売ってるよ」とのこと。

ネジや工具を扱っている有名な専門店の二階にあった、以前から欲しかった日本製のものがあった、三種類の中で一番高額なものをチョイスした。

値段には必ず隠された理由がある、プロが使うものとして、安いものではいいものは作れない、今回も値段の違いは確かにあった。

それは付属品である、後から単品で購入すると高いのである、それが二つ付属されていた、安い方を選んだが為に、結局は安物買いの銭失いになる。

オーディオをやっていてつくづく思う、安い方でじゅうぶん、こんなものは結局、何処にもない。

しかしべらぼうに高いものは別である、あくまで使用目的の為に最適なものを選ぶことが大切である。

刃物ならば切れ味、挟むならばグリップ感や挟み加減等である、ドライバーもグリップ感が自分の手に合っているかが大切である。

ウエスタンスピリッツのオーディオシステムはほぼ新品で揃った、ただ二つターンテーブルのキャビネットとトーンアームである。

キャビネットは確かに使ってきたが、いいと思えるものが他にないからである。

トーンアームも再発売の噂はあるもののもう設計製造者は居ないのである、おなじレベルのものを作れる筈がない。

そう思ったからである。

昨日、注文していたシールド線と、1.6ミリPEW単線を受け取って来た。

総て揃った、後は私の努力次第である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA