[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

TAD ET-703

以前から思っています。

とても芯のある音で情報量の多い素晴らしいツィーターです、私は一度完全にツィーターと言うアイテムを諦めていました、しかし上手く鳴らしている人の音を目の前にして、やっと見つけた気がしました、ツィーターで情報量が多いと言うのはかなり異例な事です。

私の知り合いが使っているのです、総てがTAD(テクニカルオーディオデバイス)で統一されていますが、ネットワークもアンプも自作派です、甘さのないゴッツイ音がします。

TADはJBLをお手本に作られたと聞いてますが、その完成度はかなりのものです。

しかし、高級品総てに言える事ですが、そのユニットの組み合わせからまともな音を鳴らすのは、並大抵な事ではないと思います、今の鳴り方にするのに並々ならぬ努力があった筈です。

知り合いのスピーカーボックスは、タテマツ音工の最高クラスで、とても板が分厚く重いもので、ボックス自体はあまり鳴らさずに、ユニットそのものを鳴らす、現代のハイエンドを連想させる音に仕上がっています。

その中の特にツィーターに、私はとても興味があり、新居が出来たら、購入したいと思っていますが、私のJBLと合わせ、どうバランスするかです、ユニットを作っているメーカーは揃える事で、繋がる様に設計されています、ましてやプロ用のユニットです。

私は今、やっとコーラルのツィーターH-105で上手くバランスしています、そのバランスが崩れてしまうのではと思っています。

でもET-703の音は、苦労するのは目に見えて分かっているのですが、それを分かっていても挑戦するだけの価値がある様な気もします。

これは真剣にネットワークを突き詰めた者にしか分からないと事だと思いますが、ドライバーと上手く繋ぐ事が出来たなら、本当に素晴らしいツィーターだと私は思います。

TADのET-703最高。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA