[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ウエスタンスピリッツのオーディオルーム


天井を写せないのが少し残念です。

お分かりでしょうか?真ん中に柱があります。向かって左側にも柱は三本しっかりあります。

これも建築の関係で強度計算をしていただき、屋根の補強の為にどうしても外せなかったのです。

日本の建築法は、本当におかしい。自分の土地に、自分が思い描いた部屋を作る事が出来ない。

似たようなお部屋を作られた方は、この苦しみが分かると思います。

しかし、嘆くことなかれでした。音はかなりエネルギッシュで開放的で爽やかだと思っています。柱はこの位の数ならばオーディオにほとんど影響しなかったのです。

鳴らすジャンルを一切選ばず聞きやすい、もっと被った様な定在波のある鳴り方を想像していた。壁は石膏ボードにクロスで平気です。リスニングルームの設計の本に書かれている事とは実際全く違い、広い部屋独特の爽やかな底力のある鳴り方をこの部屋はした。

さて、そろそろ自慢の単独回路六つの単相三芯200V、30A電源を使う時が迫ってきた。30Aのコンセントはとても家庭用とは思えないごついものです。

私は、その各々単独回路で引いた電源に200Vから100Vと117Vへ落とす大きな容量のノイズカットトランスを、総ての機材へ各々分けて一つずつ入れる予定である。

部屋の電源環境は抜群になる筈なのだが、どうなるのか想像も出来ない。コンセントからノイズカットトランスまでの影響は飛躍的に少なくなる筈である。

前の部屋では、今まであまり上手く鳴らなかったCDが、とても上手く鳴る様になったのである。

今、CDの日本盤で、モア スタディー イン ブラウンを聞いているが、実にラッパが上手く軽快に飛んでくる。その割には全くうるさくならないのである。実に不思議で神秘的だ。

自己所有の部屋は良いものです。何をしても自己責任で、家族以外には誰からも責められない。

もっともっと鳴らすぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA