[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ネットワークはまだワニ口クリップで留めてるだけ。

私は大切な事をお伝えしていなかった。オーディオはとにかく時間がかかる。

でも急がばまわれである。まだ部屋の音響特性も分からないのに、総てを半田で留める気にはならない。この部屋ではもう少し時間がかかる。

なぜならまだまだ鳴り方が変化すると思うからだ。

私はLCネットワークを使用している。今度はパワーアンプからウーハー、ドライバー、ツィーターを各々総てダイレクトに繋ごうとネットワーク用の板を購入してある。

やってみなければ分からないが、とりあえず使ってみたかったチーク材をチョイスしてある。理由は特にないが、叩いてみてその時はチーク材が一番自分にしっくりきたからだった。

少ししたら、そのチーク材の上にネットワークを組み直してみる。その時に聞いて音を判断して、半田を決めたいと思っている。だからまだ未完成。

ただワニ口クリップで留めただけでは、エネルギーロスを起こしているのは分かっているが、避けては通れない工程である。

半田で留めると音は激変する反面、合わさった音が正確に鳴るため、失敗もある。

しかしその失敗もこの部屋で重なっていくノウハウに繋げたい。オーディオは本当に魔物である。

正しいものが良い音を鳴らすとは限らないが、いかにしてエネルギーロスを少なくするのかそれが腕のみせどころである。

今回の100㎏を超すオーディオラックもハウリングを起こしたが、何とか解決した。ハウリングは立派なエネルギーロスを引き起こす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA