[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

富士宮超スーパーオーディオマニア邸を訪問



見た目からは想像もつかない、軽やかで超ワイドレンジな自然で正に異次元のサウンドだった。個人的に方向は違うものの、正にここは科学の推移で完成された、理想のオーディオであった。遂に見付けた。

先ずお部屋に伺う前にパワーアンプが十二台設置された、空調も完備された、お部屋を見せていただいた。

あまりの凄まじさに空いた口が塞がらなくなった。全くレベルが違うのである、総てマークレビンソンの最高機種で統一されていた。主はオーディオはやりつくしたと豪語した。

そう、主はマルチ駆動である、しかも低域から高域迄総て同じパワーアンプである。これは期待大である。もしも、位相が正しければ、正に物凄く素直な音になる筈である。普通マルチは低域は出力の大きなタイプ、高域は小さなパワーアンプである。それが総て同じ型番のアンプで駆動されている。そして電源配線の次元が違う。

私はずっと思っていた、パワーアンプは総て同じメーカーの同じ型番のパワーアンプでなければならない。

私も昔そうしていた。そして、マルチの最大の問題はなんと言っても位相合わせである。主は完璧に近い状態だった。これは驚きである。普通のマルチの音を想像してほしくはない。

そしてリスニングルームへ、スピーカーの大きさに圧倒された、しかしそれと比例してはじめは実に酷い音だった。

伺っていた音とは随分違いうるさいだけ。私は正直にお伝えした。こんな音で千葉から呼ばれては困ると。

するとそこで聞いていた四人総てが何と当人の主までが同じ意見だった。主が色々接点の調整をされ、やっとまともになった。

それから一時間程たってからの鳴り方は凄まじかった。こんな音である。一切の妥協がなく、かけるレコードの演奏に気を抜いたところや演奏の上手い下手がハッキリ分かってしまう。つまりレコードの演奏のレベルの粗があからさまに出るのである。

そして、これだけたくさんのユニットがありながら、出てきた音は、ワイドレンジな、フルレンジの様なまとまりの優れたとても密度が濃い音だったのである。

しかも音の分離が凄い。

私は、色々な所で様々なオーディオ装置を聞いてきた、はじめて心底負けた。今の私では勝てないと思った。

しかし今、これ以上の言葉は出てこない。そしてその音は何時間聞いても全く疲れる事はなかった。

自然との調和である、全く違和感なし。特に低域であるが、全くスピードが違うのである。こう思った、本当に凄い音とは、物凄い音がサラリと鳴っているに、凄いと感じない位凄いのだと。

それを主にお伝えした。すると、それが分かる人間は一握りですと。

話しはこうだった。普通オーディオの聞き比べは、所詮鳴っていない今のシステムとの比較でしかない。しかし超まともな音を聞くと本当に鳴ったシステムの音を知らないので、普通は逆に、粗が聞こえた気になり、そう思いになりお帰りになる。

しかし帰って自宅のシステムを聞かれたら、ご自分のシステムが全く鳴ってないのに気付く筈であると。

しかし、普段からその汚れた音になれてる人はやはり自分のシステムの方が良く聞こえるだろう。しかしそれは違うのだと、ただ分からないだけであると話された。私に二言はなかった。

しかし今日、貴方はかなり聞き分けてる気がする。こんな感じである。

自宅に帰り聞いてみた、思った通りである。全く鳴らないのが分かった。

電源、ケーブル各種と端末処理の仕方、各ユニットの位相合わせ、そして、本物と出会えるだけの努力と、それを購入出来るだけの経済力である。それらは今まで全く経験したことのない素晴らしいものであり、主の人間的なスケールとそこに気付く謙虚なセンスであろうと私は思う。

私が氏と全く同じ部屋、システムを揃えとしてもこの音は出ない、そう思った。そして驚く事に主のオーディオ遍歴はまだ10年程と聞いた、それも驚いた、私は三十年を越えている。でもそんな事は全く関係ないと思い知った。

そして何より素晴らしいのは、彼の理論である。オーディオは物理で総て解明出来ると言い放った。全く同感である。そして人間の出来る事は大した事出はないと言い放った。

冒頭の写真からは全く想像も出来ない、スピードが早くクリアーな整った鳴り方をした。

そして今思う。聞いた瞬間に凄いと思うシステム等所詮は大した事のないハッタリサウンドなのだと。本当に優れたシステムは、普段汚れた音を聞いてるので判断に時間がかかるのだと。

しかし、世の中には凄いセンスをもった人間がいるものだとはじめて思った。

やはり更に上には上があった、それはある意味、私が目指す方向である。私は
違う方向からこの尾根を目指す事を決めた。正直ここまでの財力がないからである。

羨ましくもあるが、どんなにお金があっても、現に誰もここまでの音は鳴らしていない。これは紛れもない事実である。

富士宮サウンドは、見た目は全く関係なく、とにかく凄まじかった。この音は主が産まれながらに持ち合わせた、人間的スケールの大きさである。 現時点では人間的にかなわない。

私の思い描いた音は現存した。そして思った通りに鳴った。これ以上の音など存在しないと思う。エクセレント!!

富士宮超スーパーオーディオマニア邸を訪問” に対して1件のコメントがあります。

  1. トヨ より:


    立派な装置が並んでいますね。
    僕も40年程楽しんでいます。弩級のアナログプレーヤ作りました。ご笑覧頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA