[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

船橋のお客様

また久しぶりに船橋のお客様のリスニングルームへお伺いしてきた。

かなりの音質だった、ホーンを僅かに後ろに下げられたり少し調整されたようである。

前回忘れたネットワークからツィーター迄のケーブルをリッツ線で作り、持参し繋げた。当然ツィーターの鳴りかたが変われば、ウーハーやドライバーの鳴りかたも変化するのである。そしてこのリッツ線も変化をする。

全体的な鳴り方は前回と比べ更に変化していた。さあ後少しだ、スピーカーボックスの上に置いたネットワークを、別の板に置き換えスピーカーから隔離する。

そして、客様のオーディオラックは現在、縦型でパーチクルボードである。

私はもう経験でパーチクルボードのラックは音が良くないのに気が付いている。パーチクルボードの上に機材を置くだけで音が悪くなる。

ウエスタンスピリッツと同じく、機材の下総てに赤タモの集積材を敷くと同時に、赤タモの集積材でしっかりとした横型ラックを作る事を提案した。

今までの信頼からか、お客様に二言はなかった。そしてお客様のお車でホームセンターへ行き、赤タモの集積材を見に行った。

あまりの大きさにお客様は少しビックリしていたが、何度も赤タモの集積材を見に行っていた。そして、何やらワクワクしていた様である。

お客様は「貴方が来る度に貴方の話す様な音へ変化してきた」そう話された。

まだまだやることは山積しているが、今回の作業で音は規格外になり、激変するだろう、そう確信している。

皆さんも、読んでるだけではシステムは永遠に今のままである。一般的な規格を飛び越える事は出来ない。同じようにやってみていただきたい。大変だが、音は確実に良くなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA