自分を超える

これが一番困難な事である、何故なら一番自分を理解出来ないのは他ならぬ自分だからである。

人は色々な経験をして育つ、しかし自分が可愛いが故に何時もカモフラージュしてしまう、そして自分の立ち位置を決めてしまう。

その為、自分が思っている以上の人物になれないのである「音は人なり」自分の器以上の音を鳴らすことは出来ないのである。

でも自分の駄目なところに気付き、それを認めてしまえばいい、それでもなかなか己を理解出来ないのが本音。

自分自身を超える事が時に大切になる、自分と言う壁をぶっ壊してみたい、何故ならもっと次の壁があり、更なる高嶺があるからである。

オーディオも同じである、何時も同じ方向ではいけない「これが俺の好きな音だから」そんなものぶっ壊してしまえばいい。

少なくとも私はそうしてきた、だから調整しやすいマルチシステムにしたのである。

しかしマルチシステムにしてみると、確かにメリットもあるが、別の粗も出てくる、決めつけないで冷静にシステムを見つめ考える。

ここが私の言う壁である、大体の方は今の音に満足している、それではいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA