[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ケーブルはオーディオの脇役?


いえいえそんな事はありません。ケーブルがないと何にも繋がらない、システムに電気すら供給出来ない。

どんなに優れたケーブルにも、絶対的な固有の音質と言うものが存在する。

そこからウエスタンスピリッツはスタートした。そして、ウエスタンスピリッツのケーブルにも独特な固有の音がある。

絹糸を巻いて作った外被や内被は、質量が軽くて迷走電流が極めて少ない。その絹糸を手で巻き付けている。なので素線に対して写真の様な横線の様な構造の被膜が形成される。

ケーブルはホット(プラス)とグランド(マイナス)の線が隣り合っている。ウエスタンスピリッツのケーブルは絶対平行の作りだ。

隣り合ったホットとグランドは音楽信号が流れると、電磁誘導の影響で、お互いが縦方向に反発して動こうとする。

その時ホットとグランドが上手く引き締まっていないと音が甘くなる。それはなぜか?電磁誘導の影響とは、電気が流れる反対方向へ互いの線が動こうとするからである。

電気はエネルギーである。とすれば、電磁誘導は立派なエネルギーロスになると思う。

さて先程素線に絹糸を手で巻いているとお話しした。なぜ手で巻いているのかであるが。絹糸を適度に強く素線に巻き付けたいからである。ホットとグランドを引き締めるのは外被である。

しかし今は素線に巻いた絹糸のお話しである。素線の表面に横並びに巻いてある外皮は、縦の動きに対して、隣り合ってるため引っ掛かるのである。

素線の絹糸の巻きが甘いと、その動きを封じる力が弱まる。そして、ホットとグランドの動きをしっかり封じてるのが、各々を引き締める為に巻いた外被である。

それでも電磁誘導は強く、完璧に封じる事が出来ない。かといってホットとグランドを捩り、ニスや接着剤や蝋で固める方法も試したが、響きがくいとまり、固めた物質の音が強く、音楽を聞いた時支配してしまい、つまらない音になってしまった、聞いていて苦しくあまりよろしくない。

ケーブルは適度に余計な響き(附帯音)を抑え、適度な遊びが必要である。その加減がとても難しかった。つまりウエスタンスピリッツのケーブルは電磁誘導を利用しているとも言える。

今まで作ってきて感じるのは、固いケーブルは音が確かに優れている。しかし音が良いのは固いからではなく、外被の絹糸を強く巻いたり引き締めて固く作るから、電磁誘導の影響が少なくなり優れたケーブルになるのだと思う。

ところが市販のオーディオケーブルはどうだろう。ヘナヘナな石油系の被膜では、絹糸被膜の様なスカッとした抜けの良い爽やかな音は望めない。それ以前に石油系の被膜素材の音はくもっていて、センスがない。

電磁誘導の影響もまともに受けている筈である。そして外被が甘く、互いが反発しあい中で擦れる為、そこに静電気が発生し、音楽信号以外の迷走電流が発生するのである。

そんな被膜の甘いケーブルで、どんなに素線の純度を上げたり、端末を良いものに換えたところで音は良くならないと思う。

ウエスタンスピリッツのケーブルは確かに独特だ。しかし、色々作り色々考えた上で試聴を繰り返し、今のリッツ線が完成したのである。

そしてこうも言える、繋ぎ換えた瞬間に音が大きく変化するケーブルは、だいたい良い音ではない。多分インピーダンスが高いか、なにか標準から外れて特殊なのだと思う。しかし、その音を貴方が好きならば論ずるつもりはない。

本当に音の良いケーブルの特長とは、音が曇らずに落ち着いていて、柔らかく静かでクリアーである。ウエスタン単線ケーブルは、ウエスタンスピリッツも過去に作っていたが、ある種独特だった。

繋いだ瞬間に音が変わったのが分かる。しかし、困った事に、高域が明らかに増えて気持ちよく聞こえてしまうのである。そしてなぜかその時は低音も鳴って聞こえるのである。

やや暫く聞いて「違うと」分かるのだが、やはり単線ケーブルは何かが違うのである。

インピーダンスが低い優れたケーブルは、電気が流れやすいから、さぞかし音が大きくなると勘違いされていると思うが、それは違うのである。

むしろ逆に音が小さくなって感じる位である。エネルギーロスが極限まで減って来ると、ボリュームを上げても情報量が増えるのに、うるさく感じないが正解である。

そして隠れていた本物の高域や低音のベールがはがれるのである。当然音は二本のスピーカーからパラリとはがれる様に聞こえる。つまり最後はスピーカーやオーディオが消えたかの様な鳴り方になる。

それにしても、あれだけ良いと思っていたウエスタンケーブルをリッツ線は、ウエスタンスピリッツの研究の結果、遥かに越えてしまった、これは驚異的な事である。

オーディオケーブルは脇役でもオーディオアクセサリーでもありません。立派な機材の一部です。ケーブルが駄目なら、貴方のオーディオは駄目です。

オーディオは極論、ケーブルや床や端末のレベルの音を聞いてる様なものである。機材は既に完成され、かなりのレベルに達している、ただ貴方が鳴らせないだけだと思う。

ケーブルが総てを決める訳ではないが、それを鳴らすケーブルをウエスタンスピリッツは研究し完成させたのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA