[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

トーンアームの調整

水平バランス、ゼロバランス、針圧、インサイドフォースキャンセラー、オーバーハングこれら総てがしっかり一点決まってないと、アナログはまともに動作しない。

ウエスタンスピリッツのトーンアームはオーディオテクニカAT‐1005Ⅱである。安価であるが、シンプルが故にとても反応が良く、調整が難しい。しかし決まると、とてもしっかりした素敵な再生音を鳴らす事が出来る。

今回カートリッヂをオルトフォンSPUに取り替えた、一日聞いてるとやはり不満と言うか色々見えてくる。

低音に弾んだ感じがなく、ビアノが歪みっぽく奥行きがない。アームの高さ調整を厳密に水平に合わせた、けっこう時間がかかる。

次にインサイドフォースキャンセラーを一旦外し、ゼロバランスをとった。次に針圧を3gに合わせてインサイドフォースキャンセラーを装着。更に水平調整、それでも音質は少ししか改善されない。

ならばとオーバーハングを計ってみた、うんっ?ターンテーブルの中心から針先まで1㎝しかなかった、オーディオテクニカの取説には1.5㎝とある。

分かった、原因はここだ、カートリッヂをアームから外し、位置を調整した、二回目で決まった。

低音は太く弾み、ピアノの音は全く割れなくなり強く太くなってオーケストラ全体の奥行きも出た。当たり前だが音は天と地の差になる。

世間のオーディオは哀れなものである、だいたいがいい加減で、かなりずれているのである。

針圧を調整するにはインサイドフォースキャンセラーをいったん外さなければならないので些か面倒だが、針圧は0.01単位で音が変化する。

それとインサイドフォースキャンセラーは絶対に付けた方が良い、外してもオーケー等と話す大先生もいらっしゃるが、とんでもないお話である。音の奥行きが桁外れに違う。

ここは一つ面倒がらずに合わせてみていたたきたい。更にシビアに追い込んで行くと、ウエスタンスピリッツのSPUの針圧は、3.2gが良かった。高域の響きが改善された。

合わせて行くと、使っているトーンアーム等が個々に違うので、面白い結果になる。そしてSPUは一つ一つ適正針圧が違うのである。でも面倒ならば、やはり3gに合わせるのが良いだろう。

みなさんはそんなもの僅かな違いで、たいして変わらないだろうと思ってるのだろうが、どうしてどうしてかなり違うのである。

この差が分からなければ、オーディオは諦めた方がいい、音を追い込むのはまず無理だ。

アナログは個人の力量を試され面白い。正にガチンコ勝負である。同じものから全く違う領域の音を貴方も鳴らせるかも知れない。

>>WESTERN SPIRITSのモニターケーブルは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA