[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

パワーアンプの位置をかえた


この内容は少し前の出来事であり、実験は更に善き方向へ進んでいる。

パワーアンプをラックとあまり距離を離して設置出来ないないならば、スピーカーからの振動の影響が一番少ないのは二本のスピーカーのセンターである。

ウエスタンスピリッツはパワーアンプをラックから下ろし、ラックから50㎝前に出して離し、向かって右側に赤タモの厚さ3㎝の板をパワーアンプの下に敷いていた。

しかしクラシックはコントラバスが右側で演奏してるので、その影響があるのかと思い、ラックセンター前に25㎝程横に移動させた、つまりセンターである。

明らかに穏やかになり、音域の幅と解像度が上がった。この様な僅な差を少しずつ重ねていくのがオーディオである。

こんな小さな事が少しずつ重なりオーディオは優れた鳴り方を構築していくのである。

毎度お話ししてるように機材にとってスピーカーからの振動は、百害あって一理なしである。

先ずは、もしも貴方がパワーアンプをラックに納めてるならば、ラックに耳をあてた状態でそのままパワーアンプの電源を入れてみてほしい。

ラックは、ウーンと唸る筈である。それがパワーアンプのトランスの唸りである。そして、そのままの体制でパワーアンプの電源を切ってみてもらいたい。ラックは、静かになる筈である。

これが、他の機材へとても大きな影響を与え、システムを鳴らなくしているのは明白である。これはオーディオの音を良くする一つのテクニックである。

ラックからパワーアンプを下ろしてみて下さい、まるっきり違うシステムを聞いてるみたいに綺麗な音になる。

みなさんへ何度でもお話しする、このブログを絵空事の様に読んでいても駄目だ、やるのは簡単だけど、こんな事に気付ける人は極一握りの人物だけです。

宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA