[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

振動、電磁波=付帯音

総て振動に関係がある。そして、スピーカーにへばり付く嫌らしい付帯音を減らそうとみなさん色々努力されてるが、どの方法も全く的を射ていない。

しかし、機材本来の性能がスピーカーからの振動や、電磁波にやられエネルギーが減衰してるから付帯音が付くのである。電磁波も元をただせば振動である。

それではと、以前とある方からご伝授いただいたCDを色々改造する方法を散々試したが、微妙に良くなった気もするが効果は極薄だった。

信じるのは勝手だが、オーディオとはそんなものではない。もっと根本から理解しなければ素人考えでは、音は常にどこかおかしく、良い音にはならない。ただ以前より鳴らない音が少し鳴った、それだけでは駄目なのである。

ケーブルも、ある素材を素線に塗る方法も、色々な方向から端子の加工も含め試したが、その方向で付帯音はなくならず、別の方向へ行ってしまい、直すのが大変だった。

と言うより元通りに戻らない。

途方にくれていた時に、千葉のIさんから板を敷く情報が、ウエスタンスピリッツにもたらされたのである。

スピーカーや機材やラックの下に分厚く重い板を敷く(10㎝位の厚さ)方法は、付帯音対策にもはっきりと効果があったのである。そして、この実験により鳴りきらないから付帯音になってしまう事が分かった。

しかし、電磁波だけは正直切りがない。部屋からして鉛や分厚い鉄板で囲わなければならず、正直それでも窓があるので、完璧な方法はない。電磁波は聞こえず、目にも見えないからである。

しかし振動は、明らかに体で感じるから分かるのである。その振動対策が付帯音を激減させる事になるとは思ってもみなかった。

それでも確かに心地よい程度の付帯音はまだ残っている。しかし、適度な付帯音、これが音の響きや柔らかさを作る、これが大切なのである。

なぜなら付帯音が全くない音とは、無響室の様な響きのない、鼻づまりのような違和感のある苦しい音になってしまう。音には自然な解放感と、聞きやすさが必要である。

聞いていて楽しい、これが大切なのである。それとCDプレーヤーの改造は、回路ならば少しは理解出来るが、メカはあまり触らない方が無難だと思う。

私はお気に入りの一台をお釈迦にしてしまった。何故もっと早く板を敷く振動対策をやらなかったのか、今となっては悔やまれる。やはり私にセンスがなかった事になる。

それでも改造してみて色々分かったから良しとするしかない。ウエスタンスピリッツはCDのメカの改造をもう二度とやらない。

過去に購入したものは総て何かの理由があって私の所へ来たのである。動かなくなったCDを見ていると、かわいそうで涙が出てくる、本当にごめんね、ちゃんと鳴っていたのに。

話がそれてしまった、申し訳ない。如何なる方法よりも、先ずは分厚い板をスピーカーや機材やラックの下に敷く、これが一番の振動対策であり、付帯音対策である。

電磁波もそうだとは思うが、貴方のオーディオの音を駄目にしているのは、他でもない、スピーカーやパワーアンプのトランスから発生する振動である。

特にCDプレーヤーのメカは軽く繊細で、振動にとても弱い、メカが駄目だからではない。

分厚い板(10㎝位)をCDプレーヤーの下に敷いてみていただきたい、それだけでも音は激変する。

信じられなければそれも結構、いつまで経っても貴方のオーディオは今のままボケボケである。

買い換えを繰り返し、オーディオショップのカモになればいい。機材の優劣など僅の差でしかない事をご理解願いたい。

オーディオは、振動対策が一番大切なのである。これが出来てなければオーディオは絶対に鳴らない。しかし、これが出来た方が更に高嶺を目指そうと、少しでも良いものを購入するならば話しは分からないでもない。

考えていても、ろくな事はない、やるならいつも今しかない。

オーディオの振動対策を誰も真剣に行ってはいない。貴方のオーディオシステムの実力はこんなものではない。

今のウエスタンスピリッツの実力はかなりのものになった、これが答えである。

努力だけではどうにもならない、やはり最後は何を信じるか、そのセンスが必要である。

しかし、止まってはいられない、まだまだ上は存在すると思う。

>>WESTERN SPIRITSのモニターケーブルは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA