[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

圧倒的な質量のスピーカーボックス

一言でオーディオと言っても実に様々なスタイルがある。付帯音(元音以外の余計な音)が嫌いで小型スピーカーユニットを強固なボックスに納め、ひたすらピュアな音を求め鳴らされてる方。

ネットワークを嫌い、ひたすらフルレンジで女性ボーカルの定位を求め努力されてる方。

私の様にJBL4560BKのフォルムが好きで。軽やかで分厚い中低域を求め、帯域バランスでワイドレンジに違和感なく鳴らそうとしてる方。

メーカーオリジナルボックスを諦め、外注した重く固い木材を使ったボックスに納め、圧倒的な質量で優れた音を求め鳴らされてる方。

私は、これまでのオーディオ人生の中で色々たくさん聞かせていただいた。しかし、どのシステムも独特な鳴り方になっている。つまり周波数バランスが上手くとれてない。

帯域バランスや位相が合ってないので、聞くジャンルやソフトが片寄っている。つまりシステムにソフトが選ばれてしまっている様である。

私も含め、悪いとは言わないが、人はご自分のシステムで上手く鳴りそうなソフトばかりを購入して来ては聞いてるのである。

私は、若い頃のある日、そこに気が付いた。そして若い頃こう思った、自分のシステムは特定のジャンルしか鳴らず、上手く鳴らないソフトが多すぎる事に。そして結局自分には何にも分かってなかった事に気が付いた。

個人で勝手に色付けをし過ぎている事に気が付いた。そして思考が正しい方向に向き、それからはどんどん自分が思う標準に近付けて来た。

そして深く首を突っ込む程、真に優れたケーブルが必要になり研究と実験を初めて今に至る。

世間に存在するたくさんのシステムは、どれも使っているものはそこそこなのに、総てケーブルで音がボケている。

そして設置の仕方がなっていない。オーディオの根本をご理解していない事は明白である。

オーディオは電磁波の影響や、スピーカー自体が鳴り、床を振動させ機材に伝える事で、スピーカー自らも鳴らなくしてしまう事が実験の結果分かって来た。しかしそれはこちらの使いこなしである、スピーカーのせいではない。

電磁波とはどんなに戦ってもかなわない。ならばせめて振動をとウエスタンスピリッツは考えた。

電磁波とは外来ノイズの他にオーディオ機材そのものが発し、悪さをしているのである。

細部へ細部へ入って考える程に電磁波の影響は、減らす事は出来てもなくす事が出来ない、見えないからである。

話は戻るが、オーディオである以上、やはり低音を求め38㎝ウーハーを軸としたい。どんなに小型スピーカーユニットを使って努力しても、38㎝ウーハーが鳴らすような太く色濃い低音は絶対に鳴らせない。

つまり体で感じない妥協の音になってしまう、少なくともオーディオに有害と言われている付帯音も、時には低音再生の見方になるのである。

そう、その付帯音こそが太く色濃い低音の正体なのである。JBL4560BKは既にそこを理解され作られているとても優れたボックスなのである。

既に生産されていないが、4560BKは貴方がお部屋に設置出来て、真に上手く飼い慣らす事が出来たならば、とても優れたボックスなのである。

そして上手くバランスをとれたならば、中域や高域との繋がりが絶妙に素晴らしい。

極論、いろんなスピーカーがあるが、総ては上手くバランスさせる事が大切なのである。そして、総てのスピーカーはそれなりに上手く鳴る

どんなに優れた木材を使い板を厚くしてスピーカーボックスを作っても。付帯音はなくならない、それ以前にユニットの音を聞いてるようなつまらないものだと思う。

だから大型ウーハーの癖が減るとも言えるが、素敵な個性もなくしてしまう。スピーカーユニットとボックスは厳密に計算され作られているものである。

どんなに理屈が優れていても、経験やユニットを知りつくし作られたメーカーオリジナルボックスに勝てる筈がない。優れた木材を使って重たく頑丈なスピーカーボックスを素人が考えて作っても、所詮はユニットの特性をご理解してないDIYのレベルでしかない。

私は色々自分でも過去にたくさんのスピーカーボックスを作っていただいた。しかし、JBL4560BKを越えるスピーカーボックスは存在しなかった。

つまり周波数バランスが崩れるのである。オリジナルスピーカーボックスとは、トータルで上に載るドライバーやホーン、ツィーターとの音の繋がりをも計算しつくされているのである。

上手く鳴らないのは、貴方のセンスと経験不足以外のなにものでもない。

正しいオーディオシステムはしっかりと鳴る。しかし違和感のないオーディオシステムに仕上げるのは至難の技である。

完成されたスピーカーユニットと、コンセプトの合うスピーカーボックスをご使用になる事をお薦めする。これが一番のはや道であるが、私はそれでも30年はかかった。

これが事実である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA