[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ウエスタンスピリッツのオーディオ構築

このお話は少し前の事です、ウエスタンスピリッツはかなり先に進んでおりますが。お付き合いいただけたら幸いです。

過去に、三日間にわたり色々書いてはみたが、総てを書ききれなかった、でもご購読感謝致します。

他にもまだまだ前後関係が複雑に絡み、ウエスタンスピリッツのオーディオ構築はアイテムが多く、シンプルにまとめる事が出来なかった。

でも読み返してみて、なぜ今の様なサウンドをウエスタンスピリッツが構築出来たのか、大まかにはご理解いただけたのではないだろうか。

やはり、ウエスタンスピリッツが行った内容は多少改造みたいになるが、電気的にもメカ的にも、そんなに外れた方法ではないと思う。

しかし愛着のあるスピーカーユニットやトーンアームを壊してしまう可能性がある。真似をするならリスクを含め個々の責任と技術レベルで行って欲しい。貴方に技術があれば、経験により編み出した方法なので、音は確実に良くなる。

一つだけお断りしておく。端末処理は、いかなる端子を使用するよりも、半田付けが絶対優れている。

話は戻るが、残念ながら貴方のシステムの音は、貴方の技術レベルを越える事は絶対にないのである。業者に依頼されてもその方のレベルでしかない。

なので、ウエスタンスピリッツは総て、妥協なく自分で行うのである。

「ウエスタンスピリッツは、何を馬鹿な事をほざいてやがる、オーディオとはそんな苦労をすることはない」とおしかりを受けそうだが、現に良くなるものは仕方がない。

やってもみないで、ただ頭で考えただけで語って欲しくない。ただ貴方が知らないだけ、ウエスタンスピリッツは、いつも実践あるのみである。

他の安易な方法は総て、誤魔化しか錯覚である。どんなに優れた素材や包丁を揃えても、肝心な料理人の腕と経験がなければ美味しい料理は作れない。それと同じ事である。

そして料理の歴史もまた数々の失敗から色々なレシピが完成したのである。ならばまた、オーディオも同じである。必ず順序とパターンが存在する。

今だから話すが、ウエスタンスピリッツの音質改善は失敗の連続だった。失敗を繰り返し経験を積んで技術を磨き、良い音にするパターンを格率したのである。

生意気な言い方かも知れないが、これからもウエスタンスピリッツのオーディオ構築がぶれる事はない。

自分が最高とは言わないが、世間のオーディオは、笑えるほど上手く鳴っていない。私はずっと書ける限り呟き続ける。

世界にただ一人、まだ出会っていない、見知らぬ貴方が気付いてくれる日を心待ちにして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA