[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

JBL ダイアフラム

私は、JBL LE85を使用しています。そして、危ないDCアンプを使って来たので、何度もダイアフラムを飛ばし、交換してきました。しかし、JBLオリジナルは、今やなかなか左右の特性が揃ったものがないのです。

左右のバランスは位相にも繋がり、とても大切なのです。なのにそれが揃わないと言うのは結構問題です。

位相とは、5.1チャンネルで鳴らすサラウンドの様な、前後左右上下から聞こえる映画を観た時の様な、視覚的な音を、二つのスピーカーで再現するものとご理解下さい、それを二本のスピーカーで、その雰囲気を正確に鳴らせると言う事です。

数年前、ネットで検索してみると(USA)RADIANのヘラ絞りダイアフラムに行き当たりました。

オリジナルを研究し、もっと振動板の歪まないレスポンスの良いものを製作出来た、と、書かれていました。細かくはラジアンと検索してみて下さい。皆さんのご感想は賛否両論ですが、私は優れたダイアフラムだと思います。

正確なレスポンスに優れているということは、付帯音も少なくなると考えました。少し考えて注文しました。しかし、まだどこかで半信半疑でした。

三日程で届きました。つぶさに両者を比較すると、全く違う事に気付き納得ました。そして、取り付けて聞いてみて直ぐに分かりました。JBLオリジナルに比べ音が速く、滑らかで歪みがなく、おとなしく鮮やかなのです。

そのダイアフラムを一ヶ月聞いていくと、一週間位から解れる様にこなれて来て、情報量が増えて来るのが分かります。

更に慣らしていると、三週間位から、途中三日間位少しうるさくなって来ますが、我慢して聞いていると、うるささはなくなり、やがてウーハーと滑らかに繋がる様になります。

しかし、真価を発揮するのは、かなり鳴らしても半年位だと感じます。交換して一年経ちますが、未だに変化を続けています。

RADIANと比べ、JBJオリジナルダイアフラムは、音が汚く薄いです、いわゆる歪みっぽいです。それが世間一般的なJBLなのだと知りました。

ウエスタンスピリッツが、音質改善に成功した一つには、RADIANのヘラ絞りダイアフラムに交換したことも一枚噛んでいます。

普通ダイアフラムはDCRで測定しますが、そうでなく、左右の音圧とは実際にホーンに付けて鳴らした時に、リスニングポイントで聞いて、左右が揃って鳴っている事が大切です。因みに私は0.2dBのズレが違和感に感じます。

ホーンも抵抗になり、左右の音圧バランスが崩れるのだと思います。これがレスポンスの違いです。

JBLオリジナルダイアフラムは、新品で購入しても、左右でなんと3dB程聞いた感じが違うものもあります。

RADIANヘラ絞りダイアフラムは、そんな事はありません。多分JBLのダイアフラムが劣ると言うより、やはりヴィンテージオーディオにとって一番問題な経年変化が考えられると思います。

もし、貴方のスピーカーやネットワークがまともならば、左右揃ったダイアフラムを使ってみると、とても気持ちの良い素直な鳴り方を体験出来ると思います。また、それまでの設置位置が違っていることも分かると思います、設置位置は最後は1㎜以下の調整が必要になるのです。

ウエスタンスピリッツは、RADIANのヘラ絞りダイアフラムを使用しています、良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA