[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

深夜の小音量再生

一旦22:00にベッドに入ったが寝付けず、22:35に三階のリスニングルームへ上がって来ました。

今の時期、関東は乾いていて寒いです。部屋の温度は15℃になっていました。北海道生まれの私でも、やはり寒いものは寒いのです、55歳ですから。

さて、お話はオーディオの事ですが、夜の防音された部屋の中は静まりかえり、その張りつめた空気の雰囲気が尚更寒く感じ、音の密度も濃い感じが致します。

今日はアナログしか聞きません、最初に手に取ったレコードは、マンハッタン・ジャズ・クインテット ライブ・インTOKYOでした。

どこまでも夜の静寂の中に吸い込まれて行くようで、痺れる様な透明感のあるレコードが聞きたかったのです。

と思いきや、今日は昼間から一度もオーディオに電源を入れてなかったのです。カートリッヂもこの寒さでなかなかダンパーが緩んでくれず、音も最初はボケボケでした。

レコードを片面かけた頃から、やっと音が少し目覚め始めた様です。だんだん楽器の定位が小さくなってきました。

やっと、LEW SOLOFのトランペットも吹き上がり、EDDIE GOMEZのウッドベースもかっこ良く沈んで来ました。あっという間にAB面は終わってしまいました。

さてこうなったら、ナイジェリアン・マーケットプレイス オスカー・ピーターソン・トリオです。ナイジェリアン・マーケットプレイスもミスティもワルツ・フォー・デビイも抜群に綺麗な音で鳴りました。

もう、オーディオが鳴っているとは思えません。それにしても、これって本当にJBLの音なの?とてもしっとりしています。

やはり私は、ピアノトリオが好きです。たまには深夜の小音量再生も良いですよ。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA