[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

私のオーディオ感。

とにかく後わずかな所だ…そう思っていた。
しかし、それは私の大きな勘違いであった。
最後の最後まで一切の妥協なくやり終えたい、鳴らしたい音の為に。
私は最近ブログを立ちあげた、同じ間違えを繰り返してほしくないからだ、私の話している内容は、実にたくさんの事をやっているように読んでる人には感じるだろう、実は、これでも半分も実際の事は書いていない、もっともっと色々やっている、当然ネットワークと同時にケーブルも同時進行している。
こちらの音も聞きもしないで、実際に、たいしてやってもいないのに理論で細かく攻撃してくる奴がいるからだ、私はその意見は一切聞かない、実際私が聞いて、その人のシステムが私よりも優れた鳴り方をしてる時に限っては百パーセント取り入れますが、それはもはや先ずないだろう。
それでも細かく言えば本当はまだまだ自分では気に入らないところはたくさんある。
これからも私は自分のシステムを更にまともに修成していくだろう。
世間で凄いと言われている音を出している人は我が家に来てみんなひれ伏した。お金をたくさん使い、たくさんものを持っていても何一つまともに鳴っていないからだ。
むしろ鳴り方の違いは、我が家で聞いてるときよりも、自宅に帰りその日の内に自分のシステムを聞いてみたら分かる、凄い音とは凄い音がスルッとさりげなく鳴ることであり、何も人をこけ脅すような圧倒的な鳴り方をする訳ではない。
とにかく何かをやって物凄く変わったなど、どだいおかしな話だ、それは弱い所が強調されたに過ぎない事を、私はこの二年で思い知った。
みなさん、これは私が勝手に呟いてるだけですから、言わせてもらう、小さなスピーカーはつまらない、マニアならば無理をしてでも大型システムに挑むべきだ、スケールがなさすぎる、特に大きなウーハー(38cmから)は歪みの巣窟です、しかし、何かをやればその変化はとても大きく結果が出るし、その達成感は大きい。
小さなスピーカーを認めないのではなく、何をやっても変化が少ないからだ。
私はつまらない。
私も自分でさんざん鳴らしてみての話ですよ?
このブログを読んで頂ければお分かりとは存じますが、私は普通ではないと自分でも自覚しております。
どうせやるなら五十歩百歩ではなく圧倒的に飛び抜けた音をさりげなくだそうと思っています。
ですからどこのメーカーのスピーカーとどこのメーカーのアンプの相性が云々は全く考えていません。
正直、何でもいいとさえ考えています。
要はちゃんと鳴ればそれで良い、ただこうも考えます、お金をたくさんかければ良い音になる、そんな話はない。
かと言ってあまりに安いものしか買えないなら初めからオーディオなど止めた方が良い。
ミニコンポでたくさんソフトを買った方が良い。
ただ買って綺麗に並べても良い音には絶対にならない、真空管アンプでなければ良い音がしない、トランジスターアンプは音に気品がない、そんな話が事あるわけがない。
今のところCDプレーヤーがアナログに勝る事はどうやっても絶対に出来ない、ではそれは何故か?よく考えて欲しい、カートリッヂは自家発電である、自分が音溝を通り勝手に発電している、他の電源を殆ど汚さないのだ、では何故ノイズカットトランスを入れると音がクリーンになるのだ、それは電源の様々な外来ノイズを極力減らす為だ、そこで、まともな思考能力があれば、なぜアナログの音が良いのか気付く筈である。
電源とは無縁だからである。
これが分からないととても幸せな事になります。
でも、近い将来、パソコンオーディオは物凄い進化を遂げるだろう、これは予感ですが。
楽しみだ。
明日はまたネットワークを語ります。
今日は、ここまで。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA