[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

スピーカーケーブル

スピーカーケーブルは、電源ケーブルと役割が似ています、ズバリ電流が流れるからです。しかし、電源ケーブルほど単純なケーブルでなく、スピーカーケーブルは、音色を作れます。

電源ケーブルとの違いは、周波数が広く、流れる電流が小さい事です。そして、音質に一番影響するのと、ケーブルで音質を作り易いのがスピーカーケーブル、と言えると思います。

ウエスタンスピリッツは、こう考え、呟いてみました。

グランドは電源ケーブルと同じ1.6㎜φ単線が良いのですが、ホット側がアクセントをつけるポイントになります。

ウエスタンスピリッツは、ホット側をラインと同じような、0.12㎜φ被膜単線108本を使用したリッツ線にしております。ここが、ウエスタンスピリッツが市販のリッツ線と圧倒的に違うところなのです。

なので、ウエスタンスピリッツのケーブルは、リッツ線とは言わないのかも知れません。

とても綺麗な音で、奥行きや広がりがあり、再生周波数が広く、音がしっかり耳に絡まることなく、こちらに最後まで届くのですが、うるさくなく音に芯があるのです。

一般的な市販のリッツ線は低音が腰砕けです。ウエスタンスピリッツのリッツ線は、その様な事はありません。

しかし、ケーブルだけで音質を改善出来ないのが、オーディオの難しいところなのです。ケーブルだけでオーディオは語れません。

総てがしつかりしていて初めて優れたケーブルは、その威力を発揮するのです。

ケーブルは、これでもかとオーディオを色々やって来られた方が、最後の最後に行う、だめ押しの世界の様なものなのです。

なので私は、ウエスタンスピリッツのシステムを聞いて欲しいのです。手前味噌ではありますが、聞くだけの価値はあると思います。

ウエスタンスピリッツのシステムを聞いていただき、貴方様の音質改善の羅針盤になれれば幸いと思っています。聞かれて、もしも気に食わなければ、ご指摘を頂ければ幸いにございます。

私は人のご指摘を貪欲に聞き入れます、いちいち反論は致しません。それが多分、今のケーブルを作らせたのです。

スピーカーケーブルで、音は激変致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA