[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

スピーカー

日本の拘ったスピーカー、国内外のヴィンテージスピーカー。そして、昨今のハイエンドオーディオ、実はハイエンドの殆どが中国や韓国で製造された商品です。

最近は、殆ど本国で作られておりません。ほぼ、中国か韓国で各国からの細かい指導の元に、製造されたのが、昨今のハイエンドオーディオなのです。メーカーは、コストダウンの為に安く作りたいのでしょう。

だから、今のCDやアナログは、音がつまらないのだと思います。

今のハイエンドオーディオのスピーカーは、形も細長く、何のポリシーも、音にも、デザインにも感じません。スペックだけ高く、音はただツルンッとしているだけ。

それに比べ、昔のJBL4560BKは、見るからに威圧感があり、圧倒的で、音質にも見た目にもポリシーを強く感じます。

オーディオの中で、やはりスピーカーの存在は大きいのだと思います。

そして、どうせオーディオやるならば、38㎝ウーハーを軸に組んで欲しいと思います。

何と言っても38㎝ウーハーは難しいですが、ウエスタンスピリッツの様に、上手く飼い慣らす事が出来れば、もう小さなスピーカーは、低音を感じず聞けません。

ウエスタンスピリッツは、ソフトに入ってる総てを端正に鳴らしたかったのです。ウエスタンスピリッツは音を作ったのでなく、全部鳴らしたかったのです。

それにはやはり、どうしても38㎝ウーハーが必要だったのです。

ソフトに入ってる総てを鳴らした、今はそう感じます。

それには、やはりスピーカー選びが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA