オーディオケーブル

[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ケーブルを繋いでいないかの様なケーブルを作りたかったのです。

その為に細い被膜単線をたくさん使ったリッツ線の開発をしたのです。そしてたくさんの素線の中から音質に優れた0.12㎜単線を見つけたのです。

ラインケーブルにかかるのは電圧です。スピーカーケーブルと電源ケーブルに流れるのは電流です。

しかし、計算と耳で決めた素線を合わせた合計表面積と、ホットとグランドのバランスのとれたリッツ線は、スピーカーケーブルにも通用しました。

どんなに作ってみても、ホットの素線の太さと数のバランスと、グランド側だけ1.6㎜PEW単線以外では、バランスしませんでした。

そしてそれらが繋がれたシステムの電源ケーブルだけは、1.6㎜のPEW単線をホットとグランドに使ったケーブルがバランス抜群なのです。ラインは長さが関係ありますが、電源ケーブルは、長さによる劣化も極僅かです。

私のケーブル研究で分かっているのですが、本当は電源ケーブルは、グランド側だけ1.6㎜単線を三本使うと音は良いのですが、太過ぎてコンセントの端子に留められないのと、いかんせんケーブルが固くなりすぎて配線が極めて困難になるのです。

ケーブルが消えた様なケーブルを目指し、ウエスタンスピリッツは研究を続けてまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA