[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

生の音と肉薄してきた

録音やジャンルにもよりますが、先日小ホールで聞いたピアノの音と、ある程度ボリュームを上げなければなりませんが、正にそっくりです。

レコードには、本当は実に凄い低音が入っているのです。そしてオーディオは総てがしっかりしていてはじめて、機種の差やレコードレーベルの差を鳴らせるのだと知りました。

基礎がしっかりしていて、はじめてその差を鳴らせるのです。オーディオは総てが大切なのです。

後付けや誤魔化しは通用しないのです。総てが理論的に正しいものからはやはりそれなりの音が鳴るのです。

使っているものの値段の差や、ましてや相性など本当は存在しないのです、多少はありますが、その差は極僅に感じます、それを選ぶには経験が必要です。

そんな事より、こちらの方が僅に良い、これを日々前後関係と合わせ、確実に重ねて行く、これが真のオーディオなのです。

すると良いと思っていた持論が、時間の経過と共に引っくり返るのですが、それを正しい方に導いてあげる事が大切なのです。つまり、早く間違いに気付く事が必要なのです。良い筈だ、これではいつまで経っても進歩はありません。

ウエスタンスピリッツに来られて、音質を気に入っていただき、ただ機種だけ同じものを揃えたとしても、良い音には絶対になりません。

一つ一つ丁寧に、確実に重なった鳴らす為の音質対策が、根本から違うからです。

機種で、ウエスタンスピリッツが成功したわけではないのです。寧ろ知らずにJBL4560BKを購入した事で、大変な苦労をしたのです。

鳴れば素晴らしい低音が聞けるボックスですが、やはりかなり特殊なボックスだと言いたいのです。

オーディオで、実際のコンサートで聞く圧倒的なピアノの音は、かなりそっくりに鳴ると思います。

少なくともウエスタンスピリッツでは。

私は、世間で鳴ってるそこそこの音など、はなっから考えておりませんでした。何故JBLでこんなに落ち着いたしなやかな音が鳴るのだろう、そう言われてみたいのです。

しかし今は、モニターケーブルを作っている為、そちらが優先なので、音質改善は少しお休みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA