[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ひばりヶ丘のNさんのご試聴

久しぶりにご試聴に来られた先輩です。色々なシステムを見聞きされてるので、お聞かせするこちらも真剣になります。

私が社交辞令を嫌うため、いつも辛口コメントが来ます。今日は特にご指摘はありませんでした。

近々マルチに挑むため、完成したと思えるLCネットワークで聞いていただきました。

今日は、クラシック100%でした、最近私はクラシックを聞く事が多くなりました、Nさんはクラシックのオペラや人の声が好きみたいです。

こんな感想でした「無理がなく余裕がある、左右のスピーカーが主張することなく、二本のスピーカーの間に音像がしっかりある」

「プリやパワーアンプがNIKKOになって、CROWNやGASで鳴らしてる時より、音が穏やかになっている」

私が感じている事は、やはり錯覚ではなかった事になります。

それと「pioneerのMCヘッドアンプは、穏やかで音に品がある」

私も乾電池式のヘッドアンプと比べ、そう感じました。乾電池式のヘッドアンプは、コンセントからの電気の供給が必要ないため、ピュアな雰囲気なのですが、どこか音に気品や厚みが足りません。

多分、乾電池式のヘッドアンプは、ノイズカットトランスの音を追加出来ないからだと思います。

やはり、ノイズカットトランスの音は付帯音なのでしょうが、芸術性があるのです。つまり、ピュアなだけでなく芸術性を求め、あえて音を少し汚すと話したら良いかも知れません。

そして、このレベルに来たら、マルチは圧倒的にやり易く、以外と早く完成するかも知れません。

苦しみながらも、優れたネットワークを作れた今だから、出来る事だと思います。

Nさん、ご試聴ありがとうございます。そして、お疲れさまです。マルチになったら、またお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA