[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ヘッドフォンに似てきた

若い頃から上質のヘッドフォンの鳴り方に憧れ、それを目指して来ました。ヘッドフォンの音は、楽器の波動が耳に届きます、まるで生を聞いてる様に。

最近聞いてて、ふと思ったのです。今の鳴りかたはヘッドフォンに似ているのではと。

今までのJBL4560BKの音とは違い、軽やかで聞きやすくなった事に気が付いたのです。

特にドライバーの音です。ネットワークに繋ぎ聞いて来たため、フルレンジの軽やかな中域と違い、どうしても重く感じていました。

しかし、プリがなおって来てから、同じメーカーのNIKKOのパワーアンプと合わせて、軽々となる様になって来たのです。

修理に出す前から音は素晴らしかったですから。

そして、マルチにしたとき、更に中音は軽やかで情報量が増えると推測出来ます。

しかし、この様な鳴り方になるとは、思ってもみなかったです。今なら、マルチはあっさり成功する予感があります。

更にヘッドフォンに近付く予感があります。「そんなにマルチが良いと思うなら早くやれよ」こんな言葉が聞こえて来そうですが、いえいえ私はオーディオケーブル製作職人です。

もうじき公開するモニターケーブルがそこそこの数に達する迄、今、フルピッチで作っております。

自分のシステムの音質改善は、それが総て出来てからです。

みなさん、宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA