[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

機材との出会い

秋葉原勤務の時に、実に様々な機種と出会いました、けれど殆どが必要のないものばかりでした。

上中下、実に様々な機種が存在します。これは主観ですが、オーディオ評論家様達が薦めるものは、ろくな商品ではありません。

作りが良いとか仕上げが優れているとか、個人的には全く気にもしたことがないのです。それは何故か?オーディオ機材であるいじょう、肝心なのはやはり音だからです。

いくら回路や部品や作りが優れているとはいっても、自分の感性に叶う音でなくてはなりません。

その中にたまたま優れたNIKKOのプリやパワーアンプが存在したのですが、その時は購入出来なかったのです。

しかしネットオークションで見つけ、購入出来た今、やはりその感性は鈍ってなかった事が証明されました。

「NIKKO?なにそれ、聞いた事もない」それが一般論なのでしょうが、その音はA級動作で40Wの出力からなる音は、静かで品格があり凄まじいの一言です。

正にアナログ全盛期の鳴り方です、とは言っても古くさい音ではなくCDを聞いても現代のものよりは優れています。

昔、全部のオーディオメーカーのアンプが、オーディオフェアでNIKKOのアンプに、こけおどしされたのがよく分かります。

真にアンプに精通された方が、真剣に設計したものです、半端ではありません。

殆どのメーカーが本当はこうしたらいいんだけど、これを総てやったのがNIKKOなのです。

私はそれと出会えた数少ない人間なのです。

たくさんの機材の中から何を選択するのか、また出会えるのか、これは正に大問題なのです。

スピーカーやラックや機材の下がしっかりして、鬼に金棒のリッツ線が完成し、マルチのシステムが揃った今。

ウエスタンスピリッツは近々、JBLをしっかり鳴らすと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA