[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオは端子の清掃に始まり端子の清掃に終わる


端子の清掃、これはとても大切な事です、ただでさえオーディオは継ぎはぎだらけ、せめて端子くらいは綺麗にしましょう。

端子が錆びていては導通が悪く、そこが抵抗になりエネルギーロスになるのは当たり前です。

導通はしますが、ただ音が鳴っているのとしっかり繋がったのとは別問題です、それにたまに片チャンネルの音が途切れる等の原因にもなります。

音は滑らかになり、しなやかで元気になります、端子の清掃を甘く見ない方が良いです。

今日中古で購入したプリの端子が錆びていたので、コンパウンドで何度も磨き、酸化脂をエタノールで何度も脱脂し、チタンオイルを一旦塗って拭き取り再度軽く塗って、ピン端子のプラスの部分は、端子クリンを突っ込み何度も磨き、チタンオイルをベビー綿棒で同じように清掃し終了です。

話す迄もないですが、音は滑らかになり穏やかになり、力強く元気になります、高域はチキチキハリハリ透明で聞きやすいです、低音が大きな風となって押し寄せて来るようで爽やかです。

新たなリッツ線の効果とあいまって見違えりましが、ビフォーアフターの写真を撮り忘れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA