[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

方向転換


このblogは私の主観であり、ある特定の人の事を書いている訳ではありません。

ウエスタンスピリッツのシステムと生活は随分変わりました。

「お金をかけないで最高の音を手に入れたい」このコンセプトで私はblogを初めました、そして、それがずっと自分のオーディオスタイルでした。

でも、色々経験して分かって来ました、特に食べ物やそれと合わせる飲み物、ワインやシャンパン、イタリアンやフレンチ、焼き肉、ステーキ、和食、拘った調味料と料理のジャンルと食べるタイミングの温度の味等、挙げれば切りがないですが、これがオーディオと実に似ていることに気が付いたのです、つまり経験とセンスなのです。

やはり一流と言われ高いものは美味しく、オーディオは良い音がします、己の使いこなしなのです、そして、一流を知る事です、知った上で色々経験をして、その中で間違いないものを選ぶ知識と感性が必要なのです。

世界中を飛び回った千葉のIさんに完敗です、総てに於いて一流を経験してる人に敵う筈はないのです。

年齢も確かにありますが、結局は、それだけの本物に出会えるかの運もあります、そして根性です、Iさんと同じ境遇にあっても分からない方は、多分一生分からないで終わると思うのです。

そしてIさんの凄いところは、何故?どうして?と相手に対し謙虚に教えを乞うところです、そして、自分で色々試してみて答えを出して来ているのです。

見習わなくてはなりません、出来る範囲で徹底的にやってみる、または買って使ってみる、これが大切なのです、私は、使ってから、飲んで食べてから語りたいのです、そうでなければ嘘つきになります、語りは良くありません。

私にはそれがなかったのです、それで、今からでも遅くないと思い、Iさんに色々教えを乞うたのです、及びませんが遅ればせながら少しずつ階段を昇る様に実行している最中です。

ワインにせよ、シャンパンにせよオーディオにせよ、今はそこそこのものを購入して飲んで食べて聞いています、シャンパーニュならば、大体一本二万円位のものならば美味しいと、以前の自分がいかに分かっていなかったのかが分かりました。

安くて良いものはあまりなく、許せる程度のものなのです、つまり値段値あると思うのです、腕のある方は笑うかも知れませんが、どだいはじめから素材が違うのです。

これだけは努力や技術で補えないと悟りました。では一流の板前が一流の食材を使ったらどうなるかを、実際に食べてみて骨身に染みてわかったのです、料理を出す順序が違うのです。

ならば、私も一流を使ってみたい、そう思うのは当然の流れではないでしょうか、それで検証したら、もっと現代にあった優れたオーディオケーブルが作れますよね、これは当然の答えだと思います。

ウェスタンスピリッツがただ一つだけ変わらぬもの、それは、JBL4560BK(スピーカーシステム)だけだと思います、古い?では貴方は実際にウェスタンスピリッツの音を聞いたのですか?古くはないですよ、聞いてないので分からないだけです。

もうガラクタの様な部品の劣化した中古品では、オーディオケーブルの検証すら出来ないと思って来ました、とは言っても、まだ中古品だらけですが、しかし、昔は名機と言われたものも、そろそろ部品が劣化し危ない事になって来ています。

色々な観点から、本物を知ったその上で、極上の音を鳴らし、本当に優れたオーディオケーブルを作りたいのです。

世の中、伊達に値段はついていませんね、やはり値段の高い(小売り希望価格が二万円以上の)ワインやシャンパーニュは現に全く違います、実際に買って飲んでみてから語りましょう、それなりの価値は確かにあります、ならば、オーディオもまたしかりではないでしょうか。

しかし、お金のない時を経て、そのガラクタを上手くしゃぶり尽くすことを経験出来たから、腕が上がり基本が出来て、一流が分かって来たのです。

とにかく、オーディオは難しいのです、答えはどこにもありません。

凄い人が良い音を鳴らせるのでなく、良い音を鳴らした人が凄いのです、ただ一言、値段だけが総べてではありません。

選ばれた経験とセンスがあれば、良い音に辿り着くのは早いでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA