[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

クラシックとジャズの違い

楽器の質と録音が違うのだと思います、システムがだんだん理想の方向に近付いて来ました。

そうすると、どうにもならないジャンルの差に突き当たりました、レーベルの差は、確かにあるもののウエスタンスピリッツでは、何をかけても上手く鳴るようになりました。

しかし、やはり極論、音の悪いレコードを上手く鳴らす方法はありません、こちらが力不足で鳴らせない時もありました、音楽の性質の差もあるとは思いますが、両者(ジャズとクラシック)の録音はかなり違うのです。

はっきり言ってクラシックの録音は迫力がありしなやかでクリアーです、つまり低音が凄いのです。

それに対しジャズの録音は、一見楽器が少ないためシンプルでハッキリ聞こえますが、実はかなりフォーカスをぼかしているのが分かります、これは録音の技ですね。

ジャズはクラシックに比べ、やはりフォーカスが甘く感じます、クラシックに比べ楽器とマイクの質が劣る気がするのです。

ここまで聞き分けるには相当な努力が必要になるものですが、ウエスタンスピリッツは、まだまだですが、しっかり聞き分けられるシステムになったと最近感じるのです。

お金を使わず、世界一の音を鳴らしたいと始めたblogですが、少々お金を使いました。

しかし、やはりお金はかけるところには間違いなく使わなければなりませんね。

以前調布の賃貸マンションに住んでいた時は、いつもじり貧で何にも買えず、よくもあのような力強いblogが書けたものだと読み返してみて思いました、しかし、振り返ってみても、その行動総てに無駄はなく、ここに辿り着く為に必要な事だったのだと思います。

やはり、自分もそこそこ良いものを使えるようになり、やはり間違えていたのだと気が付きました、使いこなしも確かにありますが、つまり、それなりにしか鳴らないのです。

でもじり貧の時に、使いこなす経験を積んだからこそ、今のウエスタンスピリッツサウンドがあるのです。

だからこそ、クラシックとジャズの録音の差が理解出来たのも事実です。

しかし、マイクロフォンや録音や楽器が違っても、クラシックもジャズも私を魅了するのです。

どちらも明日生きる力をもらえ素敵なのです。オーディオは楽しいですね、音ばかり聞いてないで、たまには純粋に音楽に浸りたいものです、ですから早く音楽に浸れるために完璧を目指しているのです。

いつの事になるのやら、結局オーディオに終わりはないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA