[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

千葉のIさんのご試聴

この方の耳を納得させられたら、多分ウエスタンスピリッツのオーディオシステムはもう完成に近い、そう感じます。

ただ使ってきたものが中古だと言う事で、故障や接点不良が多く、まだ変わらぬ今の内に、ウエスタンスピリッツの音を聞いておきたいとの事みたいです。

私自身は、正直まだ不満はありますが、Iさんにはこの帯域バランスを何かの参考にして欲しいのです。

クラシックを中心に色々聞きました、しかしイギリスデッカ盤のヴェルディー、アイーダのレコードだけが上手く鳴らなかったのです。

簡単に話すと、低音と迫力がなく薄味の音なのです、こんな筈はありません、その理由は後程解明されました。

Iさんは聞かれた感想をこう話されました「良いと思う、家のシステムではこうは鳴らない」でも何故デッカだけ上手く鳴らなかったのだろうか。

次の日Iさんから連絡が来ました、そしてデッカレコードが鳴らなかった理由を考えて伝えてくれたのです「NIKKOのアンプが古すぎて経年変化でコンデンサの容量が抜けている」との事でした。

私もそう思いました、購入したプリとパワーアンプは総て二回ずつ壊れました、こんなものをケーブルを作ってる私が使っていてはいけないと思い、私はこれからプリとパワーアンプ、チャンネルデバイダーを探し総て新品で購入し導入致します。

それでも不満は残るでしょうが、役者は揃うでしょう、そして鳴らなかったヴェルディーのアイーダも鳴り、ジャズも迫力満点に鳴ると思います。

古いものはもう駄目です。Iさん、今回もありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA