[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

Esoteric K‐01Xがやっと鳴ってきた

ずっとリピートさせっぱなしで聞いて来ました、やっとエネルギーが鳴って来ました、太く再生帯域が広く上品さも兼ね備えた、素晴らしい音です。

ずっと呟いて来た事が現実味を帯びて来たのです、やはりメーカーのブースで聞いただけでは駄目なのです、自分が徹底的に色々努力しないと何にも解決しないのです。

メーカーのブースで聞いても諸事情により、あまり拘った鳴り方にはたどり着いてはいないのが現状です、でも昨今の景気を考えるに、なかなかメーカーもそうはいかないのだと思いました。

何故メーカーブースは最高の条件で聞かせてくれないのか?これを考えてみました、答えは簡単です、あまり売れないのと担当者のレベルもあるからです。

そんなものに構ってはいられないのではないのでしょうか?では貴方は購入するのでしょうか?昨今のハイエンドはとにかく値段が高いのです。

私は仕事ですから設備投資をしましたが、普通の会社員では購入出来ません。

裏を返せば、だから良いのです、買える人が先陣をきり、良い音を鳴らせばいい、私はそう思いました。

そして、オーディオはここまで鳴るんですよ、そこまで鳴らせてなんぼですよ、でも簡単ではありません、オーディオはお膳立てが必要で育てていくものです、ただ高価なものを購入しても無駄な出費に終わります、ただ変化したのと、本当に良くなったのとは全く別のお話しです。

とにかく私はJBLで悩み苦しんだのです、それがもうじき鳴る予感があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA