[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

今一度原点に戻れ

今日は、オーディオケーブルのお話しです。

昨今の高級オーディオショップへ伺うと、とんでもない太さのとんでもない値段のオーディオケーブルが販売されています。

そしてお金持ちなのか、オーディオケーブルに何百万円とお金を使い、良くなったと思い込んでる方がいらっしゃるとお店の方が仰っておりました。

実際に伺い聞いてみると、オーディオケーブル以前のお話しでしたと話されていました。

私も同感です、そしてアドバイザーの方が、正しい方向にシステムを導いて行くと、やがてバランスのとれたシステムになり、音はうるさくなるのですが、とあるセッティングをすると、ドンピシャ来るのです、同じことを私も何度も経験しました。

そうなのです、鳴り方にもよりますが、うるさい音と端正な音は正に紙一重なのです、二本のスピーカーの微妙なセッティング、スピーカーやラックや機材の下に敷く木材の板など、その総てが整って初めて、高価な機材やオーディオケーブルの差が分かるのです。

その途中で間違えた方向へ進んでしまい、本人も気付かない内にとんでもない帯域バランスになっているのです。

ただ高級品を購入して、綺麗にラックに納め気に入ってるのが一般のハイエンドオーディオファンなのです、良い音しません、その状態はちょっとやそっとでは改善出来ません。

とにかくオーディオは時間をかけ育てるもの、普通を飛び越えたある意味狂気の様な情念がないと、上手く鳴らせないのです。

その為には一旦高級ケーブルを外し、普通のケーブルを使ってみてください、その方が上手く鳴る事が多いのです。

そこから悔い改め、床や機材の下を強化したり、木材の種類や使う質量を決めて行けば、センスがあれば最後オーディオは貴方に何かを語りかけてくるでしょう。

宅急便ではないのです、待っていても何にも届きはしません。

そして、たくさんつけている余計なオーディオアクセサリーを総て一つずつ外してみてください、実に聞きやすい音になる筈です。

オーディオショップのベテランアドバイザーは、詳しい方ほど本当に良いものしか、本気で薦めてくれないものです、分かってる人にだけ良い音を売りたいのです。

今回は千葉のIさんの話を聞き、その通りにオーディオショップへ購入しに行ったので私の選んだ商品は間違えてはおらず、単体のCDプレーヤーの中では最高のCDプレーヤーであると、アドバイザーの方も話されておりました。

そして届いてから本体を聞いてきて、Iさんのご意見とお店のアドバイザーの方と自分の感性を信じ、同じメーカーの同じクラスのマスタークロックジェネレーターと、ヨルマデザインのBNCケーブルも購入致しました。

これら高級品は、使う方の力量が試されるのであって、同じものをご購入されても答えは違うものになります。

みなさん、買い換えをする前に冷静になって下さい、このblogを真にご理解いただく為に、いったん貴方がオーディオを始めた頃へ戻ってみて下さい、答えは多分そこにあります。

そう、オーディオ自体はもう完成されているのです、それを正確に鳴らすためのお膳立て、これが必要なのです。

原点へ戻ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA