[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

キャロット ワン


シングル真空管式ハイブリッドステレオアンプです、やっと慣らしが終りパワフルな柔らかで繊細な音になって来ました。

ノイズが多少気になりますが、音楽が鳴り出すと気になりません。

暫くはこのアンプで聞いていきます、初めはあまり期待していなかったのですがなかなかの音質です、出力も小さいのですが、部品が新しく定数がしっかりしてるからだと思います。

中古のアンプを使っていた時とはまるで違う濃い鳴り方です、今回も狙いは見事に当たりました。

こんなに小さいのに低音が引き締まってパワフルで奥から前に出てきます、まるでスピーカーから剥がれる様に、正直驚きです、やはりオーディオは既に答えが出ているのです。

自作派の人は楽しいと思います、真空管を取り替えたりして音質の差を聞いたり出来ますね。

やはり真空管アンプのメリットもあります、何故未だにファンが多いのか分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA