色々分かってきた

[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオは本当に広く深いです、過去の私は、使いこなしで出来るだけお金を使わずに音を良くしようとしていました。

その努力も今のいしずえとなり無駄にはなっていませんが、しかし、そのままではかなり年数の経った機材を使ってきたので、経年変化で常に何処かがおかしかったのです。

考え方はこうでした「古いものは名機で現代のハイエンドの音は駄目だ」昔聞いた体験がそのまま思考になってしまったのです。

そしてそれら名機は年数がたち中古になり安価になり、買いやすくなっていたのです、総てが中古で固まったところに現代のハイエンドを繋げてもバランスがとれないのです。

趣味でオーディオをやってる方はそれで良いでしょう、しかし私はオーディオケーブルの製造側です、ヴィンテージだろうがハイエンドだろうが、何処に繋いでも優れた音のケーブルを作らなければなりません。

ならば、部品やメカのしっかりしたハイエンドを使わなければならない、どんな方がどんなソフトをご持参されても堂々と鳴らして差し上げたいのです。

つまり私が先陣を切って、良いものを使えば良い音が鳴る、これをお客様に真実をお伝えしなければならない、こう思ったのです。

そして、去年の夏頃から機材を新しいものに買い換えて来たのです、当然新たな機材は部品の定数もしっかりしてる為、まともな信号を古い機材へ送ります。

するとまともな信号が入ったシステムは、その時は確かにレベルアップするのですが、粗が出てきて弱っていた部品や場所が悲鳴をあげ次々と壊れてしまうのです。

修理に出しても直ぐに同じことの繰り返しなのです、製造されて二十年位の機材ならば何度も整備してもらい、直す価値もあるとは思いますが、三十年四十年では最早部品は全取り換えになり費用も膨大となります、オリジナル部品もないため音も変わります。

部品とは大切なものでオリジナルに限る気が致しますが、もうないものが多いのです。

部品を代用すると音がガラリと変わってしまい、聞く気がしなくなります。

これを幾度となく味わい、つくづく嫌になってしまったのです、そして私は少しでも優れた物を経験で探し使おうと決めたのです。

五十六歳と言う年齢を考えるに、多分これが最後に近い機材ではないだろうかと考えます、承諾してくれた家内には本当に感謝しています。

どうせ購入するならば、今さら大したことのない規格に縛られ作られたメーカー品でなく、経験と腕のある方が作られた本物が欲しい、そう思ったのです。

市販品も含め、何件も聞きに伺い一件のベテランのオーディオ屋さんに行き着いたのです。

端子や電源やスイッチや細やかな要望を聞き入れて頂きました、プロ中のプロと個人的に判断致しました。

夏までには総て揃うと思います、私好みの癖のない端正なサウンドでした、今のウエスタンスピリッツにうってつけの鳴り方だったのです。

市販品はどこか総てに一貫したメーカーの音質があり、それも確かに悪くはないのですが、何となくポリシーもコンセプトもこちらに合わない気がしたのも事実でした。

完成すれば分かる事です、完成され整った今のウエスタンスピリッツのオーディオシステムに新たなしっかりした機材が総てに繋がったなら、一発で決まるでしょうか?

そんなに簡単でないことは苦しんだ私が一番分かっておりますが、それでも胸踊ります。

常に何処かがおかしいビンテージオーディオ、確かに貫禄や存在感はありますが、私はケーブル製作者ですので、それでは困るのです。

これからは常に新しい方向へ進み、新たな優れたケーブルを作り、皆様のお手伝いが出来たらと思っております。

しかし、この考えに至るまで膨大な努力と経験を積みました、しかしこれからも時間はかかりますが、私以外のたくさんの第三者が聞かれて、音が良ければ総ては結果オーライだと思います。

色々分かってきた” に対して1件のコメントがあります。

  1. Kuni より:


    最高レベルの機材であれば思い通りの音が聴けると思うのですが、それと一般の環境の違いをどう埋めるかも気になります。
    できれば、普通の環境でも良い音が出せるケーブルが欲しいですね。ユニバーサルな。
    それをケーブルに求めるのは要求過剰というものでしょうか。色付け?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA