[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

スピノサウルスVSティラノサウルス

ジュラシックパーク~ジュラシックワールドを総て何度も観てきて、私はこう思います、私には専門的な知識は全くありません、なので娯楽としてお読みいただけたら幸いです。

産まれた所も絶滅した年代も性格も全く違う恐竜を、遺伝子組み換えをして、同じ現代に勝手に再び蘇らせ、人々をたくさん集め更なる利益をのばそうとしたテーマパーク、どう考えても無理があると私は思います、生命の進化は予測不能でとても危険なのです。

そこにスケルトンのモノレールや、丸い強化硝子玉の様な乗り物を個人の運転に任せ、見せるテーマパーク、こんな所に誰が行くのでしょうか?不思議でなりません、人間から観たら草食獣も総て規格外です。

三作目のスピノサウルスは魚食、ティラノサウルスは肉食と研究の結果答えがあるように聞いています、しかもティラノサウルスは、狩りをしないで他の肉食恐竜が倒して食べ残した、腐肉を常食としていた可能性もあるのです、いかんせん獲物を襲うには腕が短いです。

出合う筈がないのですが、テーマパークにしてしてしまうと、答えは違うものになってしまうと思います。

生命は正しく進化すれば、その時代にあった進化を遂げると思いますが、人が勝手に遺伝子を触ったお陰でお化けを作ってしまったと私は思います、正に最強の核爆弾です。

生命は自ら生命力を広げ、生きようと更なる進化を遂げる道を探しますが、人間が思った都合の良い方向には行きません、命は生命の都合の良い方向に進んでしまうものです、人間がそうだった様にです。

それ以前に、小さな人間がスピノサウルスやティラノサウルスの様な大型恐竜を制御できるはずがないではありませんか?

そしてベロキラプトル等、恐竜を飼い慣らす事が出来る筈がないのです、しょせんベロキラプトルは食べる為と子孫を増やす為に生きていたのです、ならば動作が遅く小さな人間は、ラプトルからすれば、かっこうの餌でしかないのです。

ジュラシックパークはその最たるものであり、太古に栄え絶滅した恐竜を現代に復活させるなど、絶対にあり得ない人間のエゴだと私は思います。

なので、スピノサウルスとティラノサウルスやヴェロキラプトルが戦う事はなかったと思います、考えるだけのロマンはありますが。

しかし、個人的にヴェロキラプトルは絶対に出会いたくない恐竜です、あの鍵づめは恐すぎです、集団で計算高く襲いかかる狩の名人、正に恐怖です、出会ったらどうします?もう逃げる事も出来なそう、間違いなく食べられてしまうでしょうね。

でも映画としてはとても良くできていて面白いです、次の作品を待ちたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA