[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

トーンアームの調整

今回はトーンアームの微妙な調整、そこをなくして他はありません、その事を呟きます。

つくづく難しいと思いました、それは見る角度とその距離にあるのだと思います、これだけは定規だけでは計れません、計り方で定規が既にずれているからです、誰もそこに気付いていません。

数ヶ月前から家内に言われていたのです「トーンアームのお尻が僅かに上がってる気がする」と、側に行って目視で確認すると合っている気もします。

しかし、後日再度見てみると確かにトーンアームのお尻は見る位置によっては、確かに僅かに上がっている気がするのです。

なので妥協なく三時間かけて合わせてみたのです、その差は何と2㎜でした驚きです、これではお話しになりません、合わせて聞いてみて驚き、家内の黙視は合っていた事になります。

家内よいつもありがとう。

まだ完璧とはいきませんが、やはりアナログがデジタルに負ける事は未来永劫なさそうです。

そうアナログは調整能力、限界がないのを思いだしました。

ウエスタンスピリッツはまだまだですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA