[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

丸三日間(72時間)慣らした


例のごとく、イシノラボのパワーアンプを色んなジャンルのCDをリピートさせたり、アナログも含め鳴らしっぱなしにして来ました、と言うかウエスタンスピリッツはEsoteric K‐01XとG‐01を購入してから一度も止めていません、リピートさせ鳴らしっぱなしです。

細やかな音や低音が明らかに増えて来たようですが、トランスの巻きが固いため、ゆるんで馴染むのに他のアンプより少し時間がかかる様です、しっかり作られてる証拠です。

それにしても歪みのない音とは本当に良いものです、ピアノやチェンバロや弦やシンバルの高音が響きを伴い、とても奥が深く爽やかです、全く耳に刺さって来ません。

やはり、この様に録られているのです、一般的なオーディオは、再生側が歪めているのが良く分かります。

イシノラボのアンプがこの様に動作したのも、しっかりした音質改善が出来ていたからです。

お膳立ての基礎が、順序よく正しく出来上がっていたからです。

慣らしていて感じたのは、多分このアンプはウエスタンスピリッツの環境でも慣らしに一ヶ月はかかると言う事です、ツィーター用のアンプは一年はかかるのではと思います、これは経験から申しております。

大きな音量で新たなアンプを鳴らし込むと、エージングは早く終わりますが、妙な癖がついて、細やかな音が小音量時に出づらくなるため、色んな音量でならす必要があるのです。

多分最後は、スピーカーが消えたかの様な鳴り方になると推測出来ます。

素晴らしいアンプです。

しかし、ウエスタンスピリッツはマルチシステム、やはり総てイシノラボのアンプで揃わないと音色が揃いません、真価を聞くには後二台が待たれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA