MCトランス

[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

私は数年前、MCトランスに見切りをつけ、MCヘッドアンプの方が音がクリアーで優れていると、このblogにて公開いたしました。

イシノラボにプリアンプを注文する時に試しにMCトランスを内蔵で依頼してみました、プリが届きMCヘッドアンプで半月ほど聞いていました、プリが優れてるので以前のNIKKOのプリとの余りの音の違いにうっとりしていました。

そしてイシノラボのプリに内蔵のMCトランスを聞いてみました、比較にも何もなりませんでした、やはりしっかりした理論に基づき真面目に作られたものは違うのだと思います。

今まで使っていた乾電池式MCヘッドアンプは、音が薄く好みと言う点ではトランスです、しかも繋いだばかり、まだ消磁もされてません。

それから一ヶ月ひたすら鳴らして来ました、一週間位で情報量が膨大に増えて楽器の分離も良くなり、今では何を聞いてもうっとりです。

橋本トランスは山水の下請けの様な会社でした、イシノラボの平野さんは元山水のアンプの設計者です。

橋本トランスにいらしたMCトランスの設計者とはかなりのお付き合いがあるらしく、歳月をかけて今の特殊なMCや電源トランスを開発したと聞きました。

これが私のプリアンプに内蔵されてる訳です、音質はトランスが入ってないようなクリアーで、はったりのない優しい深い音ですが、一切でしゃばる事のない優れものです。

今まで、ウエスタンエレクトリックやトライアドやUTC等たくさん使って来ましたが、この様なMCトランスを聞いた事がありません。

広帯域でありながら、なか抜けも付帯音もなく高域の減衰もなく、身の詰まった濃厚なサウンドで私の好みです、オーディオは、何と出会えるのかも良い音を鳴らす条件の一つかも知れません。

このカスタムプリは、電源がファインメットコアで、MCトランスはスーパーパーマロイです、そしてボリュームでなく、セイデンのスイッチです。分かる方には直ぐにその素晴らしさは読んでるだけで分かって頂けると思います。

このプリアンプをけなす人は多分誰もいません、球党には反対の方もいらっしゃるかとは存じますが。

音は球の様な音離れに秀でた濃厚なクリアーな感じです。

そして、このプリアンプ自体も、かなり鳴らして来たので、結構馴染んだ様です。

私は、乾電池式のヘッドアンプも悪くはないですが、このイシノラボのMCトランスが好きです、単体の販売もされてる様です、お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA