[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

72時間鳴らした



イシノラボのアンプは、父が亡くなった日に発送され、その翌日届きました、通夜と告別式が終わった翌日の昨日がちょうど72時間、初期の慣らしが完了なのです、不思議ですね、まるで父が私を動かし導いたかのようです。

初めは固さもあり、まだスケールも小さかったのですが、穏やかな歪みのない音質に変化してきました。

まだ時間が必要とは言え、もう答えが出たようなものです、重心の低い綺麗な凄みのある音です。

ハイエンドとビンテージが上手く合わさった様な傾向だと思います。

引き締まって、地の底から湧き出すような低い風の様な低音。

何処までも透明なひたすら綺麗な中音。

天まで突き抜けるかのような柔らかな高域。

総てはしっかり繋がり整っていて、その帯域バランスが実に上手くとれました、何より本物の楽器の音がします。

やはり試聴は間違えていませんでした、イシノラボのアンプは総てが優れていました。

イシノラボの平野さん、本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA