[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

デノンDL-103の針圧

やっと適正の2.5gにしました、正確には2.52gです。出来たと言うのは購入してからかなり使用して、ダンパーがやっと馴染んだと思えたから針圧を取説どおりにしてみた訳てす。
先に書いたとおり、MCヘッドアンプをしっかりなおせたから分かったのかもしれない、ベールが一枚剥がれた様で、低域も楽にのびて良い感じだと思う。
これまでは2.7gで、購入し三日間は3gしっかりかけていた。
これは最初がかんじんと思えたからです。
コンマ以下の針圧調整はレコードを一枚決めておいて、耳で確かめながら行う、音質はコロコロ変わる、厳密には出来ないというところでしょうか。CDと違い、アナログは何かをやると細かく変化し、ここだ!っという所がなかなかみつけられないのが残念ですが、そこも含め遣り甲斐があり、また上手く決まった時など、自分に酔ってしまう事もあります(笑)
デノンDL-103は安くて良いカートリッチだと思う。
中古を購入するか、新品で購入するか正直迷った、私はカートリッヂは新品を購入した方が良いと思う。
数あるMCカートリッヂ、この値段のクラスの中ではピカ一ではないだろうか。ひょっとすると高いカートリッヂもしのぐのではないだろうか。
何より、昔からずっと変わらずに、安定していると思う。
私はDL-103を優れているカートリッヂだと思う。
値段ではないと思う。 結局使いこなしだ。
少しずつのレベルアップが重なり、最後は大きな差に繋がります。
みなさん、眠っているアナログを復活させてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA