[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

千葉のIさんご訪問

一番にお聞かせしたい方です、今までIさんには本当にたくさんのアドバイスをいただきました、このシステムはIさんによって導かれた、そう言っても過言ではありません。

Iさんとは最寄りの駅の改札前で待ち合わせましたが、私は少し早めに出て、メトロの中のドトールにおりました。

ランチを食べて我が家へ、とけるように暑い日でした。

Iさんは新たな木材を探しご自分でも試され、我が家に合うように大きさを加工されご持参されました。

先ずは何もせず、鳴らしておいたCDから聞いていました、クラシックです「とても良い音になった」喜んでくれました、少し聞いて「音が少しきついね」そして少し聞いた後、ご持参になった木材をドライバーの下に一つ、ホーンの前面下に二つ、二本のスピーカーに合計六つ、Iさんのご指示の通りに敷きました。

中低域がしっかりしました、正直驚きです、やはり経験とセンスです、私にはこれを見つける能力はありません。

今までは青黒檀でしたが、青黒檀は解像度のみで、この様に溶け込んだハーモニーを聞ける事はありませんでした、生のコンサートそのものです。

そしてIさんご持参のCDを三枚聞きました、普段はかなりうるさいIさんは今回、何にも言いませんでした、ただ「マルチにしたメリットがあるね」だけでした、かなり鳴った証拠です。

Iさんはあちこち電源周りを見ていました、そしていよいよアナログです、ピノック指揮のカノンを聞いていました。

少し聞いた後、ご持参になった木材をアナログプレーヤーのキャビネットの下に三個敷いてみました、いきなり激変です、今までビンビン響いていた音とは違い、穏やかになり落ち着き遥かに聞き安くなり、やはりハーモニーが形成されました。

次にアナログプレーヤーに繋がるノイズカットトランスのコンセントボックスの下に、楓の分厚い角材とご持参になられたインシュレーターを三個敷きました、やはり激変です。

今までは、バスマットと杉の角材でした、交換する事で、グッと品格が出ました。

後は最後に、プリとウーハー用のパワーアンプに繋がるノイズカットトランスの下に、同じインシュレーターを三個ずつ敷きました、あまりの変化に二人で笑ってしまいました。

楽しかったです、そしてIさんご持参の手作りの美味しいお惣菜で飲み会になりました、お酒は当然宝カンチューハイドライです。

私のシステムは、Iさんが鳴らしてくれた、そう言っても過言ではありません、驚異的な拘りとセンスです。

インシュレーターは、響かせるものと、あまりそれを感じさせないもの、そして安定感と適度な容積です。

Iさんありがとうございます、ウーハーの下に敷いたら、またご連絡致します、その際はご試聴宜しくお願いいたします。

ウエスタンスピリッツは、かなりのレベル迄鳴りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA